しっかり庇護すべきでした。

DSC_4337

昨日、DIY店で買い求めてきた野菜の苗。

4時過ぎくらいから畑仕事。

肥料をすきこんで作った畝に1種類ずつ植えました。

手前から『かぼちゃ』 次に『キュウリ』

その次は『ピーマン』 最後に『スティックセニョール』

今朝、6時ごろ水やりをした時は元気いっぱいだったのに…

 

 

吹き荒れた強風が収まって、畑へ草むしりに出かけたら、なんと、かぼちゃの苗が1本だけに。

大きくなりかけていた本葉ごと引きちぎられてしまったようです。

接ぎ木したキュウリの(高級)苗も根元からぐにゃり。

自然の驚異を少し甘く見ていました。

遅ればせながらの添え木をしてきましたが、無事に育ってくれるかどうか心配です。

 

 

 

 

DSC_4338短く剪定してあった『ラズベリー』からは新芽が次々に。

スギナやドクダミ、ヤエムグラ、オヒシバなどを抜いたら

ちゃんとした果樹園のように見えだしました。

赤ちゃん苗も観られましたので、

にぎやかな畑になってくれそうです。

 

 

 

 

 

DSC_4333これまで5年ほど使ってきたじょうろは、

劣化のため、裂けた穴から水漏れが。

これからかくれんぼ農園の野菜たちへの

水やりが必須となるので大きいのを新調しました。

これまでの物は『お疲れさま』で処分??

いえ、10ℓの水では足りないかもしれないので、

まだまだ活躍してもらおうかと思っています。

 

 

 

 

 

 

DSC_3892 (2)ここ数日の暑さのため

アイスコーヒーやアイスティー、アイスココアなどの

オーダーが増えてきました。

「かきごおりはまだ?」

その声はまだ聴かれませんが・・・。

 

 

 

 

 

かくれ文字絵作家の最新ブログはこちら。http://ameblo.jp/mmtrk5803/entry-12265855773.html

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は、どんな散歩をするのかな?

イベント紹介を一つ。DSC_4208

5月18日~5月29日  たさききょうこさんによる

『くまのさんぽ展』が開催されます。

かくれんぼでの作品展は2回目ですが、

委託販売コーナーでミニ額絵やミニ絵本を

ご覧になったことがあるお客様もいらっしゃるのでは?

 

 

今回(昨年も5月に開催)も毎日のように在廊してDSC_4209

店内で制作したりお客様とおしゃべりしたり、と

作品を通しての出会いを楽しみにされています。

心癒される絵をみながら5月のひとときを

ゆったりとお過ごしください。

(販売コーナーもあります)

 

 

 

 

 

 

17498441_1451952318209684_1820771503689364655_n(お客様がフェイスブックに載せてくれた3月の画像です)

「桜はまだ咲いているから、名残り惜しんでいいじゃないのかな?」

昨日のお客様との会話です。

『あんパンの日』のご紹介中、3月の『桜あんパン』に触れたところ

「買いに来るから、ぜひ4月も焼いてほしい」

「4月も後半だから」と躊躇していた私に、ありがたい応援のお言葉。

急きょ、『桜あん』の準備に入りました。

4/17(月)と4/22(土)ともに9個ずつですが、桜あんパン再登場です。

 

【桜の香りと少し塩の効いた甘みが口から体全体に伝わってきます。】(画像提供のお客様のコメント)

好奇心旺盛のお客様、「売り切れ御免」ですので、お早めにどうぞ。

 

 

 

 

DSC_4334中庭の『セイヨウザイフリボク』。

数は少ないですが、白いかわいい花を咲かせ始めました。

まだつぼみ状態のものもあるので

来週前半まで楽しめるかも、です。

前庭の花々は百花繚乱状態(?)

競い合うように自己アピールしています。

 

 

 

かくれ文字絵作家の最新ブログはこちら。http://ameblo.jp/mmtrk5803/entry-12265331656.html

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり桜のある風景はいいなあ。

DSC_4352「午前中行かなきゃ見ないで終わっちゃうかも。」

天気予報では、午後は雲が多くなってしまうとか。

昨日、待望の「花見のハシゴ」をしました。

天候不順の恩恵もあって(私に限って)

ゆっくり『日本の春』を味わうことができました。

 

 

 

 

DSC_4354まずは、毎年訪れる諏訪の原にある

フラワーガーデン前の桜通り。

まだ、つぼみ状態の花芽も残る「満開」。

カメラ片手にのんびり眺める至福の時間。

平日の午前中、独占状態で申し訳ありません。

 

 

 

 

桜と青空桜の花には青空が似合う。

「日本に生まれてよかった。」

そんな大げさなことを思わせるひととき。

これで、花見の宴ができたらもっと・・・。

来年は計画しようかな??

 

 

 

 

 

 

 

DSC_4357次は、毎年花吹雪の時にしか見れなかった

しらさぎ会館横(酒匂川左岸下水処理場横)の

桜並木。

DSC_4363車を道路脇に止めて

じっくり花を楽しむことができました。

 

あと数日後かもしれない、ピンクのじゅうたんの中も通りたいなあ。

 

 

 

 

 

 

DSC_4365

買い物をしながらなので

他にも桜の名所はたくさんあれど、我慢。

最後に、信号待ちの車の中から一枚。

桑原の桜並木の入り口付近。

菜の花との色の組み合わせが美しい。

来年は、この並木の下も歩いてみたい。

 

今日もまだ、『満開状態』のところがあるようです。

「まだ、行っていない、見ていない、飲んでいない。」という方、ぜひ。

小田原市の桜開花情報はこちら。http://www.odawara-kankou.com/sakura/

 

 

 

 

イベントについてのご紹介です。

①4/16(日)に予定されていた 石塚さんによる 「Tシャツアート」は

都合により、今月は中止となりました。

②急きょ決まったイベント DSCF9575

かくれ文字絵作家 小林真澄による 『似顔絵150人達成展』。

4/13から5/8まで店内で作品を公開中です。

NHK「あさイチ」プレミアムトークゲストの名前が

似顔絵に変身。(作者のコメントも)

とりあえずは、店内に25人分展示されています。

詳しくは、http://ameblo.jp/mmtrk5803/entry-12265027674.htmlをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスからのお客様。

P_20170406_145834つい先日、

かくれんぼのお客様からのお電話。

「かわいいお客さんをこれから連れていきます。」

 

しばらくしてお見えになったのは

ブロンズヘアーの若い女性。

イギリスからの留学生で美術に大変興味のある大学生とか。

食事の前にさっそくアトリエへ。

通訳をしてくれるお客様の説明に興味津々の眼差し。

 

 

 

P_20170406_151616「せっかくの機会だから」と

墨や筆を使って色紙に『かくれ文字絵』の初体験。

顔彩を使って色付け(ぼかし技法もすぐに習得)。

いいお土産となったでしょうか。

どんどんしゃべるかくれ文字絵作家の言葉を同時通訳のように

訳してくれたSさん、ありがとうございました。

 

(後になって Nice to meet you.ぐらいはしゃべれたのになあ、と後悔)

かくれんぼにさわやかな春風が通り過ぎました。

 

 

 

 

 

 

DSC_4348南側の通路に植えっぱなしの

『オステオスペルマム』の花が咲き始めました。

 

今日も雨模様の1日みたいです。

今度の火曜日(定休日)ぐらいまで

桜の花は待っていてくれるでしょうか。

 

 

 

 

かくれ文字絵作家の最新ブログはこちら。http://ameblo.jp/mmtrk5803/entry-12263791739.html

 

 

香りが届けられなくて残念。

DSC_4335今朝も井上農園さんのハウスへ。

イチゴムースで使う完熟イチゴは、

数分のドライブだけで、車内に香りが広がるほど。

イチゴたちも気温の上昇や陽射しの明るさに

香りも甘みもさらにアップしているようです。

 

最近、お客様からのご質問が増えています。

「イチゴムースはいつまで?」

「ゴールデンウィーク明けぐらいまでの予定です。」

ご都合のよいときに、季節限定の『イチゴムーズ』をどうぞ味わってください。

 

 

 

 

 

桜の開花が遅れていますがDSC_4342

かくれんぼの中庭の『ザイフリボク』も

まだ、つぼみが小さく当分咲きそうもありません。

ジャスミンのようなかわいい花を見せてくれるのは

いつのことでしょうか?

 

 

 

DSC_4344枯山水の庭の『イロハモミジ』は

青い若葉ではなくて、赤いやわらかな若葉を

増やし始めています。

1週間もすると、紅葉の季節と同様

華やかな庭を演出してくれるものと思います。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_4354【春の雨は花の父母】とも言われるようですが

そのことわざの通り、

前庭のネモフィラの花数が一気に増えてきました。

かくれんぼ農園では、種まきした野菜の芽が

「前へならえ」と規則正しく並んでいます。

成長が楽しみな反面、草との格闘が始めるんだなと覚悟しています。

(サニーレタスは、すでにかくれんぼセットに使い始めています。)

 

 

 

 

かくれ文字絵作家の最新ブログはこちら。http://ameblo.jp/mmtrk5803/entry-12262817023.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと何回?

DSC_4335自分は忘れていたのに、

家族やお客様からのお祝いのメッセージなどをいただき

何回か目の誕生日を迎えたことを自覚しました。

「年だからできない」ではなくて

「年だからできることは今のうちに」の精神で

60代の一日一日を駆け抜けて(?)いきたいと思います。

 

 

 

 

 

もう一つ、誕生日を意識させてくれたもの、免許の更新。

(誕生日の前後一カ月でOKだが、まあいいやと油断していると大変なことに)

DSC_4336ゴールドだったので、30分の講習だけで終了。

事故にあわないための4つのチェックポイント。

①交通ルール順守  ②危険予測。

③体の管理   ④心の管理

運転技能や反射神経の低下は感じるので、

アドバイスをすなおに受け止められそう。

次は平成34年の誕生日が書き換え。

あと2回書き換えができたら、返納してもいいかな?

 

 

 

 

 

 

blend2桜の満開は今週末らしいですが、花の季節になりました。

4月になったということで、『おすすめブレンド』は

HORIGUCHI珈琲の2番『フラワー』を取り寄せています。

エチオピアとグァテマラの豆がブレンドされている珈琲の特徴は

【花のような凛とした香りや果実の瑞々しさが感じられる】ところ。

「軽くて飲みやすい」「フレッシュな感じ」「香りがいい」

封を切ったばかりの昨日、お飲みいただいたお客様のご感想です。

桜シフォンとともに、ぜひお試し下さい。

 

 

 

 

かくれ文字絵作家の最新ブログはこちら。http://ameblo.jp/mmtrk5803/entry-12261580349.html

 

桜シフォン登場。

DSC_4244例年より寒さを感じる日々が続いたため

小田原城の桜の満開予想は、4/1~4/5に変更されました。

(画像は、昨年のフラワーガーデン通りの桜です)

初めて作った『桜あんぱん』が大好評だったので、

続けて『桜シフォン』のご提供を今日から始めます。

桜フレーバーがほのかに感じられる一品となっています。

この時季限定のメニューですので、ぜひ春を味わってください。

 

 

 

 

 

かくれんぼの『花情報』です。

DSC_4338

 

前庭のポピーが、次々と花を開き始めています。

3本の苗は、最初は、黄色、黄色、白の花でしたが、

二番目は、鮮やかなオレンジ色でびっくり。

(苗が二株くっついていたのかも)

いずれにしろ、野生化したポピーより、花が大きいです。

花びらが落ちても、種がこぼれるのを待とうかと思っています。

 

 

 

 

 

 

DSC_4334

ドア付近に狭い場所でデビューした『シバザクラ』。

いちばん手前に植えたのピンクの花が咲きました。

お隣の白い花もつぼみが膨らんでいるので近日中に…

 

 

 

 

 

 

DSC_4336

無事に育ってくれるか、まだまだ目が離せない

種から育て冬越しさせた『ネモフィラ』。

80%ぐらいの苗は淡い水色の花を咲かせてくれました。

温かくなるにつれて

茎が太く、葉が多くなってくれるといいのですが。

 

 

 

 

 

DSC_4332北庭にも今シーズンデビューした花苗があります。

日の光があまり届かない場所でも背丈を延ばしているのは

『カサブランカ』。

白い花を咲かせてくれるのだそうです。

そのうち、北庭に春を呼び込んでくれるものと

期待しています。

 

 

 

 

 

かくれ文字絵作家の最新ブログはこちら。http://ameblo.jp/mmtrk5803/entry-12260146123.html

 

 

 

 

 

 

 

主役にはなれないけど。

来年度は、地域の組長の順番が回ってきます。

昨日は、来週挙行される「柳新田お祭り」の準備でDSC_4337

世話人さんを始め担当になっている方々が参集しました。

9時には冷たい雨が降る中、お宮さんでは、

もうたくさんの方が幟の組み立て仕事。

婦人部の方は、神輿などに飾り付ける花の準備。

 

 

「幟を立てに行ってくれ」DSC_4339

リヤカーに載せた幟を託されて、傘からカッパに切り替え

世話人の方と村内を回り始める。

通りのあちこちに白くはためく幟が設置されると

雨が降っていても、祭りが近い雰囲気が感じられる。

 

 

約1時間。世話人の方は年上の方がほとんど。

「お店があるので・・・。」と、できる範囲の協力という形になっているだけに、

中心になって進めてくれている世話人さんたちに頭が下がる。

今度の土曜日と日曜日、開店準備をやりくりしながら協力していきたい。

 

 

 

 

 

 

DSC_4333この間植えたばかりのレタス2種。

青々とした葉が美味しそうで、

鳥たちの食料になってしまわないか心配ですが

今のところ無事で、ほっとしました。

昨日の雨でしっかり大地に根を下ろせたようです。

 

 

 

DSC_4335こちらは、昨年11月ごろ植えた『ニンニク』。

青森産ホワイトロッペンが

ここにきて背を一気に伸ばしています。

左は、我が家で昨年収穫したニンニクを植えたもの。

収穫の6月を楽しみに成長を見守ります。

 

 

 

 

かくれ文字絵の最新ブログはこちら。http://ameblo.jp/mmtrk5803/entry-12259394568.html

 

 

春をイメージして。

「えっ、シフォンでもロールケーキが作れる?」

眠っていた料理本をたまたまめくっていた時に出会った情報。

美味しいイチゴがあるし、材料も何とかそろっている。いつかはロールケーキもやってみたかったし…。

 

 

DSC_4332天板にシートを敷いて、生地を流すのは初めて。

粗熱がとれた頃をみはからって生クリームを延ばす。

イチゴとオレンジ、ついでにキウイも載せる。

「あまりきつく巻くと、シフォンが固くなってしまう」

そう書いてあったけど、やさしくやっていたら

1周まくことができない…。

それらしくなったところで、ラップで包んで冷蔵庫で一晩おく。

 

翌朝、カットしてみたら、「ロールケーキもどき」でした。生地が厚過ぎたかも??

もっとオレンジやキウイを入れると、カラフルで美味しそうに見えるかも。

いろいろ課題が出た初体験でした。いつかはメニューにのせたいなあ。

 

 

桜あんぱんが大好評だったから、桜シフォンもこの時季にチャレンジしてみます。

 

 

 

 

 

 

DSC_4333ネモフィラと一緒に昨秋に種まきをした『スィートピー』。

冬の寒さを乗り越え、苗床でつるが絡み始めるほどの成長。

つるが伸びやすいように大きめのプランターに移植しました。

『赤いスィートピー』かどうかわかりませんが、

殺風景だったガードレール付近を華やかにしてくれることでしょう。

 

 

 

 

 

 

DSC_4338DSC_4337DSC_4336

 

 

 

 

12月に埋め込んでおいたチューリップや水仙、クロッカスが、見ごろを迎えようとしています。

寒い週末らしいですが、「花の季節」は着実に近づいているようです。

 

 

 

かくれ文字絵作家の最新ブログはこちら。http://ameblo.jp/mmtrk5803/entry-12258625896.html

 

待ち遠しい春

DSC_4336定休日の夕方、春から夏に向けての畑仕事。

とりあえず、ジャガイモの植えるところだけでも…と

スコップで硬くなった土を掘り起こし、

苦土石灰をばらまいてから鍬で土をほぐし、

抜きやすくなった雑草の土を振りほどき

3列ほど畝を作りました。

でも残りの畑の草が気になって、もう少しもう少しと、いつのまにか辺りは暗くなっていました。

勢いに任せて7畝も作ってしまいましたが、さて、何を育てましょうか??

 

 

 

DSC_4340こちらは、別の畑の屋根(寒冷紗)付き苗床。

寒い3月初めの種まきでしたが、

ラディッシュやコカブが芽を出してきました。

まだ、間引きをするほど大きくなっていませんので

あと2週間ぐらいは水やりをしつつ、成長を待ちます。

 

お隣のサニーレタスは、そろそろサラダに使えそうな大きさになってきました。

 

 

 

 

DSC_4334前庭に3つあるプランター。

ノースボールやデージーなどが次々と

色とりどりの花を咲かせ始めました。

チューリップはだいぶ背が伸びてきましたが

花を楽しむまでには時間がかかりそうです。

 

 

来週は、近くの小学校では卒業式があるとか。寒さは残っていますが、季節は確実に移っていきます。

 

 

 

 

 

かくれ文字絵作家のブログはこちら。http://ameblo.jp/mmtrk5803/entry-12257187166.html

 

 

臨時休業のお知らせ

1月から、土曜日の臨時休業がたびたびあってすみません。DSC_4337

明日は、義母の27回忌のため、お休みさせていただきます。

共働きの時、ほぼ1日中長男の世話をしてくれた義母。

その長男も1児のパパとなりました。

「ばあば」は、永遠に「ばあば」として心に残ることでしょう。

「いのち」が確実に受け継がれていることを報告しつつ、一族で思い出話に花を咲かせてきたいと思います。

 

 

 

 

DSC_4328あんぱんに続いてコーヒーあんパン、

この頃は白あんパンもご予約が多くなってきました。

この間の定休日、さらに『桜あんぱん』を試作。

しかも、初めての、ねじりパンにも挑戦。

でも、レシピを見ただけではうまくいくはずもなく…。

3/20の『アンパンの日』は、ねじりパンはパスかも?

ご予約をたくさんいただいているので、4種類、2回焼く予定です。ご来店をお待ちしております。

 

 

 

 

 

DSC_4332前庭のポピー、

いちばん背が高かった花芽がついに開花。

一本目、二本目ともに、黄色い花。

三本目は、白い花のようです。

花芽が次々と背を伸ばしているので、当分楽しめそうです。

 

 

 

 

かくれ文字絵作家の最新ブログは、こちら。http://ameblo.jp/mmtrk5803/entry-12256667932.html

 

 

 

 

 

 

『ホワイトデー』に生チョコはいかが?

DSC_4317

『バレンタインデー』の時に作った生チョコは

お客様にとても喜んでいただけました。

(珍しかっただけ?せっかくマスターが作ったから、かも?)

褒められると今でも「木に登ってしまう」タイプだけに

「ホワイトデーの時は、ホワイト生チョコを…」なんて、その場で宣言。

 

 

半分意欲、半分義務感を抱いたまま約1カ月。

もう買っておかないと・・と、定休日にSEIBUの富沢商店を訪れ、ホワイトチョコを2種類購入。

 

 

 

 

そして今朝、早起きして細かくしたチョコを湯煎。DSC_4333

牛乳で乳化させた後に、温めた菓子用ごま油を混ぜて

生チョコの出来上がり。

一晩冷蔵庫で寝かして完成。

でも、嬉しくて生チョコ以前の状態なのに

ひとかけらずつ、本日ご来店のお客様にご試食していただきました。

 

 

「バレンタインの時のようなお土産はないの?」と、うれしいお問い合わせがありましたが

お土産にするにはまだ、冷蔵時間が短いようです。

明日でしたら限定10セットぐらいですがご提供できますので、よろしかったらどうぞご来店ください。

 

 

 

 

 

DSC_4329前庭に植えてある、3本のポピー苗。

「何色の花が咲くかはお楽しみ」

たくさん居並ぶプランターに、そんなカードが添えられていました。

あれから10日。

買ってきた時は花芽が1本だけだったのに、後に続く兄弟たちも成長。

きっと次から次へときれいな花を咲かせてくれることでしょう。

そして、こぼれた種で来年はポピー畑になっちゃったりして…。

 

 

「ホロホロと儚く溶けていく」とはいかないけれど。

SONY DSC落雁づくりを思い立ってインターネットで

いろいろ検索していくうちに出会った『和三盆』。

そして、愛知県名古屋市「両口屋是清」の『二人静』。

和三盆を仕入れはしたものの、餡入りの落雁を作ったり

日々のシフォンをムースづくりに追われたりして…。

定休日の夕方、「今しかないでしょ。」とチャレンジ。

画像は、http://yamaguchiakiko.blog.fc2.com/blog-entry-70.html からお借りしました。

 

 

和三盆本当は、『二人静』のように紅白にしたかったのですが、

「欲はかかずに、まずは作ってみるべし」。

そっと型に詰め込んで、ぽんとたたく。その繰り返し。

(型は木枠ではなく、手近にあったもので代用。

さて何でしょう?)

 

お客様にご提供するときに儚(はかな)く崩れてしまうのでは?と心配しましたが、

1日たつと、適度に固形化して「ほんのお気持ち」的なひと粒でも、お客様に喜んでいただけました。

明日ぐらいまでは、お客様にご提供できると思いますので、好奇心旺盛の方、どうぞご来店ください。

 

 

 

 

次に密かに準備を進めているのは(公然の秘密となってしまいますが)mainimg

手作り白あんに、刻んだ桜葉を練りこんだ『桜あん』を使っての

『桜あんぱん』。(画像提供はhttps://allabout.co.jp/gm/gc/410363/

試作品の出来具合いかんですが、

3/20(月)と3/25(土)の『あんパンの日』に登場させられたらなあと考えています。

 

 

 

何度かお知らせしていきますが、3/18(土)は、義母の27回忌のため、臨時休業させていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。DSC_4347

 

 

 

 

 

 

かくれ文字絵作家の最新ブログはこちら。http://ameblo.jp/mmtrk5803/entry-12254919505.html

 

 

 

メニューブックが新しくなりました。

約5年間、メニューが変わるたびに印刷しては差し替えDSC_4339

大事に大事に(経費節約?)使ってきたメニューブック。

さすがにビニル面の隅がめくれたページが目立ってきました。

 

また、使用している画像が古くなったり、DSC_4337

あとから仲間入りしたメニューとの整合性がなかったり

「字が小さくて読めない…。」とのお客様の声も聴かれました。

 

 

 

本当は「5周年を目途に全面改定を」と、ブック自体は購入してあったのですがDSC_4342

「変えるなら、あそこも変えたい」「画像も新しくしたい」

忙しさにかまけて延び延びになっていました。

一昨日『なかよしアイス』の画像を撮り直して、

紙面構成の最終チェックをして、印刷GO!!

昨日の午後、かくれ文字絵が差し替えてくれて完成。

(マスターがやろうとすると2日で終わるかどうか・・・)

 

 

 

 

 

メニューブックは、テーブルの広さや使いやすさを考慮してDSC_4342

前のものと同じにしました。

表紙には、3/9~スタートということで

かくれ文字絵で『さんきゅう』の笑顔が。

 

 

 

大きな変化は、文字や写真を大きくしたことです。DSC_4345

ブレンドコーヒーはレギュラー入りして久しい『スモーキー』

期間限定のコーヒー(3月は『プリマベイラ』)を含めて、

常時5種類と充実のラインナップ。

 

 

 

いちばんの人気商品『かくれんぼセット』はDSC_4344

画像を大きくして文も書き直して1ページでご紹介。

また、ブログでしかご紹介していなかった

『ピザトースト』や『あんトースト』などが新登場。

『あんぱんセット』も市民権を得ました。

 

新しいメニューブックを手に取って、これからもたくさんのご注文、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

DSC_4332以前ブログでご紹介した

前庭のアプローチ付近に植えた『ネモフィラ』。

小砂利に囲まれた環境や

ここ数日の寒さにも負けず

たった一輪ですが、可愛い花を咲かせてくれました。

まだまだ「ひ弱な苗」ですが、1本も枯れることなくすくすくと(?)育っています。

 

 

 

 

 

かくれ文字絵作家の最新ブログはこちら。http://ameblo.jp/mmtrk5803/entry-12253525962.html

 

 

 

 

 

駐車場のご案内。

DSC_4328かくれんぼには、駐車場が2か所あります。

一つは、お店前。普通車なら2台。

軽自動車なら3台も可能ですが、くれぐれも無理はなさらないように。

目の前の道路は、車の通行が全くない時間帯もありますが

朝夕を中心に幹線道路の抜け道としてよく利用されています。

また、制限時速表示がないので、飛ばす車もあります。

車の出し入れには、十分注意してください。(心配な時にはスタッフにお声を)

 

 

 

 

DSC_4326前々から「早く取り付けなければ。」と気にかけていた

第2駐車場の案内表示板。

北側から来るお客様にの目にも留まる位置に

取り付けさせてもらえることになりました。

駐車スペースとして1~3まで借りていますが、

混んでいる時はそれ以外の場所も留めてもよいというありがたい条件をいただいています。

 

南から来るお客様が見える場所に取り付けていた表示板もついでに新調しました。

この駐車場は、(特に出車の時に)右側からの車が見えにくいのでお気を付けください。

 

 

 

 

 

 

DSC_4335湯河原のDIY店で『シバザクラ』購入したことを

以前のブログでご紹介いたしましたが、

そのとき目に留まったかわいいミニ盆栽。

何種類かあった中で、色がなんともやさしそうだったので

放春花(これで「ぼけ」と読むそうです)『祝い桜』を

連れて帰りました。

自宅にあった白砂を周りに敷き詰めたら、ちょっとよそいきムードに。

床置きなので目立たないかもしれませんが、探してやってください。

 

 

 

 

かくれ文字絵作家のブログ最新号はこちら。http://ameblo.jp/mmtrk5803/entry-12252990192.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菓子木型展が始まりました。

DSC_4324

今日から3月(弥生)。

今年は『ひな祭り』バージョンの趣きではなくて

昭和時代の暮らしの一コマがうかがえる

「菓子木型の世界」展を開催します。

昨日の午後は、ご提供いただいたS様と一緒に

20点ほどの菓子木型の展示作業をしました。

 

 

 

 

 

DSC_4330お祝い事や仏事の際に、引き出物の中に

当たり前のように入っていた『落雁(らくがん)』。

伝統的な日本文化で衰退していくものが多々ありますが

落雁やそれを形作る菓子木型も

時代から取り残されて来てしまいました。

落雁は老舗の名品として今でも愛されていますが、

匠の技ともいえる菓子木型は作れる職人さんが減少。

新たな木型が量産されることはないだけに、現存している物が貴重になっていくと思われます。

 

 

 

 

 

DSC_4327新潟県の落雁専門店が50年以上愛用してきた菓子木型。

こんなにいろいろな種類の落雁が人々の生活に

溶け込んでいたなんて驚きです。

ぜひ、手に取って古き良き昭和の香りを味わってください。

(一部、販売用の木型もあります)

せっかくの機会だから、私も落雁アートにチャレンジ??。

 

よろしかったら、以前の関連した内容のブログもご覧ください。

http://www.cafe-kakurenbo.com/blog/?p=15954   http://www.cafe-kakurenbo.com/blog/?p=15989

 

 

 

 

 

DSC_4333かくれんぼ農園の今です。

種から育てている(ほっぽりぱなし)のサニーレタス。

冬越ししているだけに、小さいながら葉がびっしり詰まって

たくましさを感じます。

キャベツやホウレン草などと同じで、きっと甘さが感じられるんだろうなあ。

かくれんぼセットに登場させるのは、もうしばらく先のことになりそうです。

 

 

 

 

3月のカレンダーが更新されています。

かくれ文字絵作家の最新ブログはこちら。http://ameblo.jp/mmtrk5803/entry-12252182060.html

 

 

 

 

 

春の準備が始まっています。

DSC_4330 「とりあえず、アトランダムに埋めておこう」

昨年12月に、プランターに適当に(?)埋め込んでいた

大小、種類さまざまな球根たちが

春めいた陽気に誘われて

花を咲かせたり、芽を伸ばしたりしています。

 

 

 

 

玄関わきの木製プランターではDSC_4326

ノースボールやデイジーたちが

主役の座を奪い始めています。

 

その足元にはDSC_4327

かくれんぼ初導入の『芝桜』。

3色二株ずつ購入してきましたが、植え込み場所を考えたら

ケチらないで、あと一株ずつ増やせばよかったなあと反省。

少しずつ花の面積が広がっていくようにしっかりお世話をして・・・。

 

 

 

 

DSC_4331お車のドアをぶつけてしまうので?と心配な場所。

角にクッションを貼り付けてはありますが

可愛い花を咲かせることで危険を回避してもらおうと

その根元に、ネモフィラの花苗を植えました。

(玄関ドアに続く枕木のアプローチにも)。

去年11月に種まきして冬の寒さを乗り越えた花苗です。

 

【ネモフィラは森の妖精のような、澄んだブルーの花が愛らしい】花で覆い尽くされるのを夢見ています。https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-728

 

 

 

 

 

DSC_4324かくれ文字絵作家は、かわいいインテリアを見つけたようで

さっそく活用を始めました。

ポストカードには、『今日のシフォンは・・・』と

お客様へのメッセージが書かれています。

これから、いろいろな活躍をしてくれそうなボード。

ご来店の際には、ぜひ目にとめてやってください。

 

 

 

 

かくれ文字絵作家のブログはこちら。http://ameblo.jp/mmtrk5803/

本日中に更新されそうです。

 

 

 

新たな試み。

DSC_4321前々回のブログでも少しご紹介しましたが、

見れば見るほど、素晴らしい木彫りの技。

材は、山桜。

【硬く強靱で狂いが少ない。木理ほぼ通直で木肌は緻密。 加工性、着色性に優れ、磨くと光沢がでる。】(「木材の種類」より)

 

 

この菓子木型を使って、どれだけ多くの落雁が人々を笑顔にしたのだろう?

定休日の夕方、寒梅粉が届いていたので、私にもできるかどうか「やってみるべし」と厨房へ。

いちばんわかりやすかったレシピを片手に、材料の準備に入る。

 

 

 

 

 

DSC_4366まず、上白糖に砂糖蜜を少量落として、よくもみほぐす。

次に寒梅粉(http://www.komeko.net/what/p_kanbai.html)に

抹茶を混ぜ合わせて色付け。(食紅でも可)

2種類の材料をよく混ぜてから

二枚重ねの木型に押し込む。

 

 

 

DSC_4367

上側の板を軽くトントンとたたいて

型どおりにうまく隙間ができたら、

おっかなびっくり(方言?)そっとはずす。

隅の方の押し込みが弱いと、かけてしまうことを

体験して学びました。

 

 

 

DSC_4368

下の板がうまくひっくり返すことができると

このようなきれいな形が現れます。

超初心者の私が成功するのは確率三分の一。

うまく型抜きができたときは、思わずにんまり。

食べるのがもったいなかったけど、一応、味見を。

小さい頃、お祝いの時や仏事の時などに食べたなつかしい味が・・・。

今の若い人たちは、知らない世界かもしれないなあ。美味しいとは思わない味かも。

 

 

でも、和菓子の日本三銘菓は、すべて落雁。

石川県金沢市「森八」の『長生殿』(http://www.morihachi.co.jp/

新潟県長岡市「越乃雪本舗大和屋」の『越乃雪』http://www.koshinoyuki-yamatoya.co.jp/

島根県松江市「風流堂」の『山川(やまかわ)』http://www.furyudo.jp/item/yamakawa/index.html

 

私が食べたことがある落雁で、長野県・小布施町「小布施堂」の『くりは奈』や愛知県・名古屋市「両口屋是清」の『二人静』も有名らしい。

 

 

 

 

DSC_4319寒梅粉と一緒に送ってもらった和三盆(わさんぼん)。

【香川県と徳島県などの四国東部でのみ生産され、昔ながらの製法で作られる高級砂糖】

これも使ってみたいなあ。あんこを入れた干菓子もおいしそうだし…。

「夢は荒野を駆けまわる」ですね。

 

 

3月2日からの 新潟県のお菓子屋さんご提供 「菓子木型の世界」 をお楽しみに。

運がいいと、手作り落雁と出会えるかも??

 

 

 

 

かくれ文字絵作家のブログもどうぞ。http://ameblo.jp/mmtrk5803/

 

 

 

 

 

天気は、イマイチだったけど。

2月5日にリニューアルオープンしたばかりの DSC_4362

熱海のMOA美術館に行ってきました。

前日、熱海伊豆方面ルートの大渋滞を目の当たりにしたので

8時半前に自宅を出たので、9時半過ぎには到着。

駐車場も館内もすいていたので、ゆっくり鑑賞できました。

 

 

 

 

DSC_4329立ち止まっている人が多かったのは、1年ぶりに公開された

尾形光琳筆 国宝「紅白梅図屏風」。

『国宝』『尾形光琳』 それだけで私は立ち止まってしまいます。

「フラッシュや三脚を使わなければ、撮影自由」てほんと?。

夢中でいろいろ撮りましたが、やっぱり本物に勝るものはなし。

 

 

 

 

DSC_4347借景を意識して配置されている竹林。

他にも、目を奪われる景色があちらこちらに。

 

残念だったのは、尾形光琳の屋敷跡(復元)や茶の庭が

イベントの開催のために見学できなかったこと。

 

 

 

それでも、新設されたカフェにはちゃんと行ってきました。

DSC_4349DSC_4350DSC_4353

 

 

 

水だし珈琲・カフェラテやミニパンも美味しかったですが、海を眺めながらカフェコーナーは

ロケーションだけで、「ごちそうさま」です。

 

思ったより早く帰路につけたので、湯河原のリサイクル店やDIY店へ寄り道できました。

 

 

 

これから行こうと考えている方へ。

①9時半の開館時刻前後に到着できるように自宅を出発すると、タイムロスが少ないと思います。

②尾形光琳筆 国宝「紅白梅図屏風」の展示は、3/14までです。

③事前に、HPでイベントなどをチェック。http://www.moaart.or.jp/

 

 

 

 

かくれ文字絵作家のブログはこちら。http://ameblo.jp/mmtrk5803/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界に誇る、職人の世界

DSC_43332年ほど前に、かくれんぼのお客様から譲り受けた

和菓子作りの木型。

3月2日(木)より2週間、かくれんぼ店内に置いて

追加される木型も含めて展示されます。

精巧な匠の技を間近でご覧ください。

 

 

【菓子木型とは和菓子を成形する際に用いる木型の事です。饅頭や練り物、和三盆などほとんどの和菓子に使われています。】

【和菓子に欠かせない菓子木型は江戸時代に発祥したと言われ、香川県においても明治30年頃から作られていました。材料は山桜を十分乾燥させたものを用い何種類ものノミ、彫刻刀を用い様々な図案を左右凹凸、逆に掘っていきます。完成した木型を2枚重ね、砂糖や餡などの材料を入れて抜き出すと出来上がり。】

(「讃岐工芸館サンクラッケ」より)

 

 

「アンティークなインテリアとして、店内に飾ってもいいね。」

譲り受けたときは、その程度の受け止め方でしたが、イベント開催に向けて

箱から取り出して一つ一つ並べているうちに、その技巧の素晴らしさにため息が・・・。

「この型を使って、何か和菓子ができるかもしれない。」

 

 

そんな思いが心に宿った頃偶然見かけた小林まさるさん。DSC_4321

小林さんは77歳から『シニア料理研究家』として本格的に始動。

次々と創作する一品料理は、リピートするファンも多いそうだ。

その生き生きした姿に刺激を受けました。

これからでも決して遅くない…(危ない流れ)。

 

「落雁はどうやって作るのかな」「寒梅粉ってなんだ?」

定休日にやることができてしまったみたいです。

 

 

 

 

今日のあんパン今日は、2月の『アンパンの日』の第1回目。

人気が出てきた白あんぱん。ご予約がいちばん多かったです。

イベント参加者の方のご予約が入っているので、

味見をしてみたいという方は、ご連絡ください。

第2回目は2/25(土)です。

 

 

 

かくれ文字絵作家のブログはこちら。http://ameblo.jp/mmtrk5803/