事前調査はやっぱり大事。

もう1週間前になってしまいますが、前から気になっていた西荻窪に

「今日しか行けそうもないから・・・という乗り」で出かけてしまいました。

 

Eテレ『ふるカフェ系 ハルさんの休日』で紹介されていた

築90年、都会に残る奇跡のカフェ『りげんどう』が一番のお目当て。

 

中央線「西荻窪」駅から商店街を抜けて

3分ほど歩いた静かな住宅地の一角。

調べてこなければ、何気なく通り過ぎてしまいそうなたたずまい。

テレビで紹介されていましたが、偶然に偶然が重なって残った古民家を

島根県の古民家再生で活躍するご夫妻が4か月かかってリノベーションしたカフェだとか。

詳しくは、https://www.gungendo.co.jp/pages/details/003102.php

 

 

 

木戸を潜り抜けると。もうそこは昭和。

新緑の木々の下には、以前はどこかで使われていただろう石畳が敷き詰められ

玄関の引き戸も、昔風のガラス戸で懐かしさを感じさせる。

人気店なので、平日の午後1時過ぎだったけれど、お客様がいっぱい。

「にぎり野菜寿司膳は完売」とかで、要予約だったかも。

 

 

 

 

たまたま案内していただいた席が、テレビで紹介されていた

布に模様をつけるための版板を利用したテーブル席。

(スタンド部分はレールの再利用)

 

椅子は、どこかの教会で長く使用していたものらしく

やさしい座り心地。

 

 

 

テレビに出演されていた店員さんに頼んだのは、

「今月の箸間(あまいもの)」の中の

『キャラメルバナナのパウンドケーキ』と

『冷やし白玉ぜんざい おこげ揚げ添え』。

程よく甘さを抑えつつ、素材の良さを大事にした上品な味でした。

 

 

と、ここまではよかったのですが・・・

そのあとは、行き当たりばったりの悲しさで、行きたいと思っていたお店を探して放浪の旅。

やっと見つかったと思ったら臨時休業だったりで、疲れが増幅。

 

 

 

 

何とかたどり着いたカフェ『物豆奇』。

(なんて読むのかおわかりになりますか)

これまた、レトロっぽい店構え。

ドアを押すと、「喫茶店の要素」ともいわれるカウベルが音を立てる。

店内に入ると、天井からは様々なランプ、

壁にも数え切れないほどの柱時計に迎えられた。

同世代のマスターにお願いしたのは、

『シフォンセット』と『マンデリン』。

店内に数組のお客様がいたものの、とても静か。

マスターとお話ができたらよかったんだけど・・・

 

昭和時代から使っている「レジスター」で会計をした時も会話が続かず。

他にはどこにも寄れずに帰路に就く時刻(予約したロマンスカーの時刻)になってしまった。

(お店の名前は「ものずき」です。)

 

 

家に帰ってネットで集めた資料を読み直すと、「ここに行きたかった」「あの店の近くだったのに」と後悔ばかり。

どうやら、もう一度、じっくり1日かけて訪れなくてはいけないようです。

 

 

 

 

 

 

図書コーナーから、本のご紹介。『相田みつをと私』

何年か前に東京の「相田みつお美術館」に行った時に

買い求めてきた本です。

様々な分野で活躍されているいろいろな世代の方が

自分が採り上げた一節について、コメントを寄せています。

あらためて相田さんの言葉をかみしめる一冊となるのでは、と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

コメントをお寄せ下さい。

コメントの投稿