田代勉さんによる『詩画展』始まる

本日4/18より4/29まで、

店内とアトリエの一部を会場にして

日本画と詩に思いを託した

田代勉さんの『詩画展』が開催されています。

 

 

 

 

【日本の天然の画材を使って 、日本画を描いてみたい、ということが創作の原点】

【見て下さる方が、一枚一枚の絵をもとに、自分なりのイメージを沸かせたり、あるいは物語を創造したりしてもらえたら・・・】

(田代さんからのコメント)

 

 

 

 

小上がりでは、田代さんの作品とともに

枯山水の庭を借景とした『春の装い』もご覧いただけます。

田代さんは、短時間でも毎日のように在廊して

お客様との出会いを大切にしたいそうです。

期間中のご来店をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 


4日間の天日干しによって、

青々としていた『よもぎ』の葉は、

すっかり水分が飛んで

こんなに小さくなりました。

以前の画像はこちら。http://www.cafe-kakurenbo.com/blog/?p=21686

 

 

 


この時点で、『よもぎ』のいい香りが。

煎じて飲んだら、薬効がありそうな・・・

これを何回かに分けてミルサーに入れて粉末に。

 

 

 

手間と時間、自然の恵みを受けて完成した『よもぎ粉』。

大事に大事に使っていきたいと思います。

まずは本日『よもぎシフォン』を作りました。(画像が間に合いませんでしたが、焼成中いい香りがしました)

あと3回ぐらいは作れそうです。

次なる挑戦は『よもぎあんパン』。ご期待ください。

 

 

心から癒されました。

「絶対、かくれんぼの雰囲気にぴったりだから」

お客様から数年前からお薦めいただいていた「わをん」さん。

お借りしたCDを日々の片付け業務時に聴いているうちに

いつしかそのメロディやハーモニーに心惹かれていきました。

この日を楽しみにしていたのは、私だけでなかったようで

お客様も開演時刻よりずいぶん早くお集まりになりました。

(ジャズフルート奏者のぱんださんの画像です)

 

そして、1曲目から会場の隅々まで『わをん』ワールドが広がっていきました。

 

 

【人はこの世に生まれた時に 一つの役目を持つとすれば

きっと私は こうして心を 歌い続ける それがすべて】 「My Song」

こんな自分だって、きっと大切な役目があるはず・・・

 

【今だけ 前だけ 見つめてきた日々 

かけがえのない時に 後悔はないけれど

青空に夢スケッチ 自分をあきらめたくはない

重ねた日々色にして もう一度夢の景色描こう】 「青空スケッチ」

まだ、時は残っている、これからでも夢スケッチは描いていきたいなあ。

 

【もういいよ 強がりは 明日の君に任せて いまは眠りなよ・・・

満月のあかり さんさんと君を包むよ 

しっかりと見える君は 本当は涙もろくて

自分のことは置き去りにして いつもだれかのためを思う

ゆっくりと ゆっくりと ゆっくりとお休み・・・】 「満月さんさん」

(ごめんなさい、歌詞がうろ覚えで・・・)

 

心地よい旋律に乗って、優しく『人生のエール』を贈ってくれるオリジナル曲の数々に、

ハンカチを手にしていたお客様が多数いらっしゃいました。

 

 

 

 

 

(6月に上野の森美術館での個展を控えているのに)

かくれ文字絵作家もコラボ企画に力が入りました。(毎回?)

リストアップされた曲目をすべて

自分なりに歌詞を咀嚼して『文字絵』に変換?

ライブを重ねるごとに、『表現の新境地』を開拓している・・。

 

 

アンコール曲は「銀色の風の吹く頃」。

曲の最後に、『かくれんぼ』遊びが登場。

「もういいかい」「まあだだよ」「もういいかい」「まあだだよ」

「もういいかい」「もういいよ」

会場が一つになっての掛け合いを楽しみながら終演の時を迎えました。

 

 

お客様の笑顔と、心地よい疲れ、ライブイベントでしか味わえない余韻。

また、計画したくなっちゃうんだろうなあ、きっと。

 

 

 

桜の次は、『よもぎシフォン』

井戸近くの草むしりをしている時、

青々と新芽を伸ばしていた『よもぎ』を発見。

シフォン作りに使えるかなとプランターで育てていた(?)

でも、去年もおととしも摘みはしたものの

乾燥途中で雨にあい、お客様の前には登場させられず。

 

 

『よもぎ』には、浄血・増血作用、デトックス作用、腸内環境の改善、便秘の解消など、優れた薬効があるとか。

もっと知りたい方はこちらへ。ttp://recipe.bioweather.net/herb/yomogi_column2.php

 

 

 

 

今回はきれいな色を出したかったので、

柔らかそうな新芽だけを摘み、(いい香り)

しっかり水切りをした後、10分弱蒸す工程を入れてみる。

ふたを開けると、ここでもいい香りが広がります。

 

 

 

 

春の陽ざしとそよ風にあてて

2・3日乾燥させたかったのですが

昨日は、いつ雨が降るかわからない曇り空、

しかも気温は冬並み。

しかたなく、ざるの上での室内干し。

 

今日は、朝から一日とても良い天気だとか。ベランダで一気に水分飛ばしができそう。

次の週末には、『よもぎシフォン』がご提供出来るように、こまめに世話していきたいと思います。

 

 

 

 

 


前庭の『ハナミズキ』。

数は少ないものの、花芽が開き始めています。

 

 

 


中庭の『ヤマブキ』。

「白い花のヤマブキは珍しいね」

毎年、お客様に喜ばれています。

 

花壇としての統一性はありませんが、色とりどりの花たちがお客様をお待ちしております。

 

 

 

☆お知らせ☆

明日、4/14(日)は、「わをん」さんによる  『かくれんぼスペシャルライブ』が

17時より開催されます。

開催準備のために、通常営業は16時までとさせていただきますので、

よろしくお願いします。

いいお湿りです。

 

空気が乾燥気味で花粉症要注意の私にとって

昨夜からの雨は、ありがたかったです。

かくれんぼの周りに樹木、草花にとっても

天からの恵みは、大地にしっかり吸い込まれ

みずみずしさを増すことでしょう。

 

 

 

 

 

 

今日は、最近購入した書籍をご紹介したいと思います。

一冊は、『ハルメク』3月号。

先月、かもめ図書館で偶然目にした月刊誌です。

『年金生活こそ 楽しく賢く お金を浮かす』

年金生活に突入し始めた者として興味惹かれるテーマ。

バックナンバーで取り寄せていただきました。

 

 

 

小タイトルがいくつか。

①一生お金に困らない年金家計のつくりかた

②むだをなくして、年間30万円得する

③保険料、スマホ料金、光熱費、1回手続きするだけでずっと安くなる。

④年金世代こそ、確定申告で取り戻す。などなど

 

 

昨日ご来店され読まれたお客様は、「これ、また続きを読みたい」と大好評でした。

私もまだ一部分しか読んでいないので、時間を見つけては熟読していきたいと思います。

 

 

 

 

 

もう一冊は、定期購読している小冊子『PHP』3月号。

毎回、「そうだよな」と納得したり

「こう考えればいいのか」とヒントをもらったり・・・。

テーマに沿って書かれた、各界の著名人が小エッセイが楽しい。

ちなみに、榊原郁恵さんは【足し算で相手を褒める】そうです。

 

 

 

 

今回心に残ったのは、

サッカー界だけでなく、バスケットボールのプロ化にも尽力した

『川淵三郎』さんの記事。

【チャレンジしないことが一番の失敗】

80歳の現在でも、夢を追ってチャレンジし続けているそうです。

 

先日ご来店した25歳の若者が、今秋、サッカーの指導者になるべくドイツへ単身留学するという夢を語ってくれました。

その時は「若くていいなあ」と『うらやましさ・まぶしさ』を感じつつ、

彼が滞在しているうちに「ドイツに行って、本場のビールとソーセージを味わいたい」という夢が浮かび

Eテレで今度はドイツ語を勉強しようかという、無謀な目標が頭の片隅に点滅し始めました。

 

 

 

 

 

雨のように一日になりそうです。

時折窓ガラスを滴り落ちるしずくを眺め

香り豊かな珈琲に癒されながら

お好きな本を手にする時間・空間をぜひお楽しみください。

 

 

 

新車はいいなあ。

タイヤ交換とETC修理のため、3日間、

大井町にある『藤沢自動車』に愛車を預けました。

「仕入れなどに車を使うので、代車を・・・」

お願いしたところ、なんと新車の「ワゴンR」が代車に。

最初こそ慣れない車で不安もありましたが、

いつの間にか「新車はいいなあ、軽でも十分。」に。

10年連れ添った愛車への感謝を忘れてしまうほど。

でも、修理を終えて戻ってくれば「やっぱり慣れた車が一番だなあ」なんて、愛車に言ってあげるんだろうなあ。

 

 

 

 

 


1週間前のブログでご紹介した

『シイタケ』の赤ちゃん。

こんなに大きく立派になりました。

(もう少し大きくしてから収穫するつもり)

そしてすぐ横に、次の赤ちゃんを発見。

順調にいけば、1週間に1個以上?

採れたての香り豊かなシイタケが味わえそうです。

 

 

 

 

 

 

「3月中に蒔けば・・・」と解説文にあったので購入した

『キヌザヤ』も1週間で芽を出し始めました。

鳥さんのごちそうになりやすいので

水やりの時以外はビニルで防御。

双葉が出そろったら畑に移植する予定です。

 

 

 

 

 

 

(まだ、桜の花が見られるうちは・・・)

今週の土曜日に今シーズン最後の『桜シフォン』を焼く予定です。

日曜日は、月2回の『あんパンの日』です。

よろしくお願いします。

 

 

 

2カ月ぶりの「そろいぶみ」

厨房後方部のコーヒーカップの棚。

最上段左側には『田舎じるこ』『ホットジンジャー』で使う

「か」「く」「れ」「ん」「ぼ」という文字が書かれた

5種類の厚手のカップが整列していました。

ところが、つい最近まで「ぼ」のカップが修理中だったため

後列で、ひっそりと仲間の帰りを待っていました。

 

 

 

 

上の画像の「ぼ」カップ、縦に走る線にお気づきでしょうか。

1月、洗い物中に陶器同士の衝突で割れてしまい、

飾り用としてしか活躍できなかったカップ。

わけを知った陶芸の先生が

「『金継ぎ』やってみようか」と申し出て下さいました。

先日、破片を上手に接着して元の形になったカップが帰還。

久しぶりの最前列の指定席に戻ることができました。

 

【金継ぎ】について、もっと詳しく知りたい方は、こちらへ。

”金継ぎ”って何?どうやるの?…を初心者向けに簡単解説

 

 

 

 

 

ここ1週間で、かくれんぼの周囲には春の訪れを喜ぶ植物たちが動き始めています。

 


玄関わきの『芝桜』は4年目を迎えます。

4種類のうち、3種類が花を咲かせ始めました。

枕木が見えなくなるくらいまで

葉っぱや花が面積を広げてくれる日はいつごろでしょうか。

 

 

 


12月中旬にプランターに埋め込んでいた

『チューリップ』『クロッカス』などがすくすくと背を伸ばし

早くも赤や黄色など、「♩どの花見ても♬きれいだな♪」

 

 


冬越しした『マーガレット』。

太陽に向かって、「ぼくが」「わたしが」と

トップ争いが激しくなっています。

 

 

 

 

 

 

明日から4月。新年度が始まります。

私の周りでも、社会人としてスタートをきる人、

新しい職場に移動する人、職場復帰する人などがいます。

簡単ではないでしょうが・・・「みんな、がんばれ!!」応援しています。

 

 

ところで、明日11時半発表の新元号、何だと思いますか??

 

声が少し出るようになりました。

 

これまで毎年この時季が来ても、自分とは縁遠いものにしかとらえてきていなかった『花粉症』。

3月になって、少し鼻水が出てきた時も

「花粉症かな?点鼻薬を買って早めに対処しよう」

それでいつもの年のようにやりすごせるだろうと

【花粉が多く飛びます】警報の日もノーマスクで買い出しや花の水やりをしていた。

ところが、のどがいがらっぽく咳が出始め、

夜間にせき込む日が数日続いた。

 

「お医者さんに診てもらった方がいいよ」

家族の強い勧めもあり、営業時刻を気にしながらも朝いちで、かかりつけの医院へ。

「FeNOの検査の結果をみると、『喘息』ですね。」

「花粉が刺激となって『喘息』を発症させてしまったようです。」

 

 

 

自分にとってあまり身近に感じてこなかった病『喘息』。

ネットなどで調べて「油断できない病気」であることを理解。

「発作を予防する薬」でその日のうちから朝夕に吸入。

 

咳の回数が減って安心するも、声がれが始まり

先週の金曜日は、お客様との会話もできないほどに。

どうやら、副作用出現10%の範囲の仲間に入ってしまったようで・・・。

 

 

 

 

臨時休業するわけにはいかないと、

土曜日の午前中、再度医者に行き、

のどの炎症を抑える薬をいただいき、日に日に楽に・・・。

この間ご来店いただいたお客様には、ご心配やらご迷惑をおかけしました。

「もう大丈夫です」というまでの自信は、まだありませんが(いつになく謙虚)

当分はアルコール(当然)やジョギング(?)も自粛して

元の体に早く戻していきたいと思います。

 

 

 

 

 

「『50%off』なら、久々に育ててみようかな」

1週間ほど前に買ってきた『シイタケ』の「ほだぎ」。

直射日光の当たらないところに置き、

ほぼ毎日水やりをしていたら

下の方に、かわいいかわいい赤ちゃんシイタケを見つけました。

落ち込んでいた気持ちが、ぱっと明るくなりました。

 

明日からは、花粉に負けないように完全防備をして、花や野菜栽培も再開しようと思います。

 

かくれ文字絵作家 デビュー10周年。

鎌倉の小町通りにある『趣味の店 まどか』さんに

ポストカードを置かせてもらってプロとしての活動を

スタートさせた かくれ文字絵作家 小林真澄。

 

(私設秘書は)どきどきしながら、遠くで様子を見ていました。

立ち止まって観ている・・・購入してくれるかも・・・。

 

 

 

 

瀬戸屋敷を皮切りに個展開催や国内外の美術展への出品。

テレビ、新聞、FM放送など

メディア関係でもいろいろ採り上げていただきました。

ここまでステップアップしてこれたのは

作家本人の努力はもちろんですが、

支え・励まして下さった方々の存在を抜きには語れません。

 

 

 

 

 

「かくれんぼ」を訪れて初めて『かくれ文字絵』と出会って、

ギャラリーで熱心に説明を聴いてくださったり

記念にとポストカードを購入してくださったり

プレゼント用にと絵の依頼をしてくださったり・・・。

多くの方に新たな創作意欲のエネルギーをいただきました。

 

 

現在は、6/25~7/1 上野の森美術館 ギャラリーでの『10周年記念個展 』に向けて

着々と(?)準備を進めている日々を過ごしています。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

新入荷のブレンドコーヒーをご紹介します。

毎年この時期登場するので、ご存知のお客様もいらっしゃるかもしれません。

 

【春の訪れとともにお届けする季節限定の特別ブレンド『プリマヴェーラ』】

コスタリカ ・ホンジュラス ・エチオピア 3か国の農園の豆をブレンドしています。

【浅めの焙煎度合いに仕上げており、甘く華やかなフレーバーと丸みのある優しい舌触りからは、温かな春の陽気のような心地よさ】をお楽しみください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『さくらシフォン』の登場です。

小田原近辺の桜(ソメイヨシノ)開花予想は、

春分の日の頃だそうです。

例年、開花し始めた頃に始め、

桜吹雪が終わった頃まで作っていた『さくらシフォン』。

今年はなんと先週からご提供開始。

塩漬けした桜葉と、桜の花びらを生地に練りこんだ、

ちょっぴり塩味が感じられるシフォンとなっています。

4月初旬ぐらいまでは、週2回ぐらいは焼く予定ですので、よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

桜の時季は『出会いと別れの時季』でもあります。

休日を中心に、かくれんぼのお客様に笑顔を届けてくれた『本田ちゃん』が

4年間の大学生活を終えて、4月から新天地で社会人として

新たな歩みを始めることになりました。

「小田原の父母」としては、うれしいようなさみしいような・・・。

ひと休みしたい時、いつでも「帰省」して下さい。

『かくれんぼ』で待っています。

 

 

 

 

 

 

「なつかしい、まだあったの?」

10円玉を握りしめて「今日はどれにしようかな」

駄菓子屋さんで目を輝かせていたあの頃。

うれしくなって、いろいろ買い求めてしまいました。

お客様繋がりで知り合った、文具と駄菓子の『黒柳商店』。

桜井小学校の目の前で、ご両親と息子さんが再スタート。

地域の子どもたちに(昔子どもだった大人も)人気の駄菓子だけでなく

地域密着型のお店として、コミュニティーの場としても認知され始めています。

 

お店情報はこちら。 https://japanese-cheap-sweets-shop-76.business.site/

 

 

 

新しいかくれんぼ農園で・・・

サニーレタス・ラディッシュ・ミニトマト、ジャガイモ・アスパラガス・オクラ・チンゲンサイ・トウモロコシ・安納芋・落花生・ラズベリー・ブルーベリーなどなど

オープン以来たいへんお世話になっていた

『かくれんぼ農園』が引っ越しすることになりました。

最後の作物になる『ミックスレタス』が

大地の恵みを受けて勢いよく育っています。

 

 

 

 

引っ越し先は、一昨年までお米を作っていた場所。

宅地化せずに残した畑。

大きな家が建ってしまうと日陰になってしまいそうな所も。

でも、これまで畑だった所の滋養たっぷりの土を

業者さんに頼んで運び入れてもらったから

先祖伝来の土地を守り育てていくのは兄や私の仕事?

 

 

 

 

新天地へ真っ先に赴任してもらったのは、

剪定して冬越しさせていた『ラズベリー』。

細かい根が張り付いている土が落ちてしまわないように

気を付けて掘り起こし、一輪車で6往復。

スコップや鍬で柔らかくしてあったふかふか土へ、そっと植えつける。

 

 

予報通り夜半から降り始めた雨が、新しい土と根っこを家族にしてくれたようです。

一昨日は、先週同様にブルーベリーの移植も終えたので、次週は遅れ気味の『ジャガイモ』植え。

 

 

 

 

時が移れば、人も景色も変わってしまうのはしかたないこと。

ちょっぴり寂しい気持ちがないわけではありませんが、

新しいかくれんぼ農園で作る作物や

新しくご近所に引っ越してこられる方々との出会いを楽しみに

日々一歩ずつ進んでいきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春めいてきて、かくれんぼの庭が華やいできました。

左は、『ヤマボウシ』の根元の『ミニ水仙』(球根は毎年同じ場所で冬越し)

右は、『エゴノキ』の根元の『クリスマスローズ』(今年初めて開花)

 

 

 

 

 

 

 

『湘南ゴールド』

太陽の光をいっぱい浴びたみかん、美味しそうですね。

でも、これは、普通のミカンではありません。

数年前からファンが急増している「神奈川県のオリジナル」

『湘南ゴールド』なんです。

実姉と甥っ子が経営している『香実園』にも

今の時季、注文がたくさん舞い込んでくるそうです。

 

 

 

レモンの提供のお礼にとレモンシフォンを届けた時に

お土産の湘南ゴールドを袋に詰めながらの何気ない一言。

「おじさん、湘南ゴールドを使ってシフォンも作ってみて」

「ゼリーなど、デザートメニューならできるかもね」

宿題を済ませないと次に行きにくくなるので、自宅に戻ってから実験(?)開始。

 

そして、定休日に二人の元へ『湘南ゴールドゼリー』をお届け。

「あ、湘南ゴールドの味がする。」「これ、お客様が喜ぶよ。」

生産者様にゴーサインをもらえて、勇気百倍。

 

 

 

 

「思っていた以上においしい。上品な甘さだね。」

先ほど召し上がったお客様のご感想です。

 

本日より、(たぶん)春分の日ぐらいまでの

期間限定メニュー(300円)となりますが、

ぜひ、一度かくれんぼの新メニューを

体験してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

少し先の音楽イベントですが、ご紹介します。

4/14(日)17:00~ 開催される

「わをん」さんによる『かくれんぼスペシャルライブ』。

10年ほど前から西湘地区のあちらこちらでライブ活動をされているので、

ご存知の方も多いかと思います。

 

 

「いつかライブができるといいね。でも、忙しいんでしょ。」

淡い期待をしながらも月日ばかり過ぎていましたが、

今回、キューピット役になってくれたお客様の活躍もあって、

あっという間に実現の運びに・・・。

チケットは、ドリンク込みで1500円です。

ファンの方が多いですので、お申し込みはお早めに。

 

『わをん』さんのブログはこちら。歌も聞けます。https://ameblo.jp/waon123

 

 

 

かくれ文字絵作家のHPはこちら。https://kakuremozie.com/

 

 

折り鶴のお雛様がお迎えいたします。

「かくれんぼ」がいろいろな場面でお世話になっているT氏。

1カ月ほど前に

この『折り鶴パノラマボックス』を見せていただいた時、

そのち密さ、斬新さに圧倒されて

(ひな祭りの時季に飾らせてもらいたい)

と懇願しました。

 

 

 

 

持参していただいた他の作品とともに、

昨日、かくれ文字絵作家の手によりきれいに陳列。

本日より公開できることとなりました。

(かくれんぼは、息子ばかりなので言い伝えを気にせず)

ひな祭りの翌日の3/4(月)まで、

店内に華やかさを醸し出していただく予定です。

ぜひ、その素晴らしい作品の数々に出会いに来てください。

 

 

 

 

 

 

2/10に『バレンタインジャズライブ』でジャズの魅力を伝えて下さったぱんださんから嬉しいお便り。

かくれ文字絵作家とのコラボ企画の動画をアップしたので・・・とのこと。

当日、ご覧いただけなかったお客様、楽しかったライブの一部だけでも、とブログに添付いたしました。

 

 

 

ぱんださんと近藤さんの素晴らしい演奏もご覧ください。

 

 

 

 

 

かくれ文字絵作家のHPはこちら。https://kakuremozie.com/

 

『白玉ぜんざい』のお薦め。

 

毎日のようにゴールデンタイムに放映されている医学・健康番組。

昨夜、たまたまテレビで見かけたテレビ朝日の番組『林修の今でしょ!講座』。

そこで取り上げられていた食材が『あんこ』。   これは観なきゃ・・・。

 

 

「小豆」の効能については、以前メニュー表に載せて

お知らせしたことがありましたが、

今回、番組を通していろいろ学ばせていただきました。

①「つぶあん」により多く含まれるポリフェノールは、血管の天敵「活性酸素」を撃退してくれる。(血管を大掃除)

②ポリフェノールを効率よく取るために良い飲み物は『コーヒー』。(『お茶』もよい)

③肌に良いとされる、鉄分もあんこには含まれている。(「きなこ」は吸収を助ける)

詳しくは、番組のHPをご覧ください。https://www.tv-asahi.co.jp/imadesho/osarai/0014/

 

 

 

 

 

かくれんぼの人気メニュー『白玉ぜんざい』が、

栄養面からみても自信をもってお薦めできる

メニューであることを再確認できました。

今週土曜日の『あんパンの日』には、

粒あんパンの数を増やそうかな??

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりの早朝ジョグで見つけた

『河津桜』(たぶん)。

あちらこちらに、膨らんだ蕾が・・・。

数日後にはピンクの花がまんかいになることでしょう。

(仙了川の油菜橋付近です)

 

 

 

 

 

 

 

シーズン到来です。

イチゴファンの皆様

お待たせいたしました。

いよいよ今日から『イチゴムース』のご提供が始まります。

井上農園さんの『紅ほっぺ』は今年も甘くてジューシーです。

1日5~7の限定メニューなので、どうしても・・・というお客様は

ご予約をお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

レジ近くで最近販売を始めた新商品をご紹介します。

【お手軽に堀口珈琲の味を楽しんでいただけるように作ったコーヒーバッグ。お湯とカップがあればどこでも簡単に抽出が可能で、ご自宅だけでなく旅行に持って行ったり、アウトドアにもおすすめ】

【ダンク式コーヒーバッグ(従来の紐の代わりにスティックを採用)なので、より早くお好みの濃さでコーヒーが抽出できます】

6種類の異なる香り・味わいが同時発売されましたので、

お試しに少し仕入れてみました。

「そのままより・・・」と、かくれ文字絵作家がちょっと一工夫。

「かわいい。プレゼント用にもなりそう。」

飲まれたお客様にもご好評で(売り切れの商品もありますが)、ぜひお試しください。

 

 

 

 

 

以前ご紹介した『ボケ』のつぼみがどんどん膨らみ

この暖かさで、一気に開花が早まりそうです。

『ヤマボウシ』の根元には

もう少し成長を待たないと

花の種類がかわかりませんが

かわいい芽がここかしこに観られます。

 

 

 

コーヒーの味がグレードアップ??

待ちに待った新作カップが届きました。

昨年末に制作した「練りこみ」「焼き締め」カップ。

暉焼(きしょう)陶芸教室のゆみ先生が

小田原へ出たついでに届けて下さいました。

梱包を解く時のドキドキワクワク感。

出来栄えは・・・・・・『最高』でした。

 

 

 

備前焼や信楽焼のような「素朴な土の色」

「(火の当たり具合で)景色(模様)の予想がつかない」

という『焼き締め』の作陶に、最近魅せられています。

今回は、3種の粘土をブレンドしてマーブル模様に挑戦。

縞模様の様子(無彩色)が判明するのは、削り段階。

内側部分だけは釉薬掛けをして、耐久性を追求。

 

4つのカップが、それぞれ自己主張していて、色具合にも大満足。

(この喜びをお客様にも・・・・)

昨日は、お披露目だけでしたが、本日より、お客様に楽しんでいただこうと思っています。

 

 

 

 

かくれ文字絵作家は、素焼きの段階で陶器絵具で着色。

今回は、花シリーズで5つの作品。

『すいせん』『さくら』『あじさい』『あさがお』『こすもす』

こちらは、当分の間鑑賞用となりますが、

ドア付近の棚に展示していますので、ぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

 

昨日発見しました。

北庭の『ヒメシャラ』の根元にある『クリスマスローズ』。

一昨年お客様にいただいて地に下してから、初めての開花。

「クリスマスの時期に咲くんじゃないんだ」(何をいまさら?)

因みに花言葉は、「追憶」・「私を忘れないで」・「いたわり」

寒い時期に蕾を膨らませ、半ひなたの庭でひっそりと咲く花。

もう一度じっくりと鑑賞しなくっちゃ。(身近に感じた??)

 

 

 

中身が濃い週末を過ごさせていただきました。

昨年の「あぶちゃん」に続いて

かくれんぼオープニングスタッフの「こうちゃん」が

親御さんやご親族、お友達、職場の方々の前で、

素晴らしいパートナーと幸せな姿をお披露目してくれました。

忙しい中、二人でこつこつと作ったアイデア満載のプロフィールビデオなど

数々の映像から、参加者は笑顔や涙をいただきました。

 

「かくれんぼ」が愛を深める場にもなってくれていたこと、

『恐悦至極にございまする』です。

 

 

 

かくれ文字絵作家が依頼されて描いた

お二人の似顔絵文字絵の「ちょうちん」は

受付のところで、来場者をお迎えしました。

また、お色直しの場面では、花婿さんが手にして

行く手を照らす「あかり」として活躍しました。

我が家の三人に続いて、あぶちゃんとこうちゃん、

5人の息子(?)の晴れの場に参加できて感謝感激です。

 

 

臨時休業の情報が届かず、ご来店いただいたお客様、申し訳ありませんでした。

またのご来店を心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

翌日の2月10日は、ぱんだともみさんによる

『バレンタインジャズライブ』が開催されました。

通常営業4時終了時点からの開演準備、

「準備が大変だろうから」と

心優しいお客様がお手伝いに早めにご来店。

予定通りの5時開演ができました。

 

 

 

初の生ジャズで期待と不安でその時を迎えましたが

多くの参加者の方も私同様だったかも?

「譜面通りの演奏だと・・ボサノバ風にすると・・ジャズっぽくアレンジしてしまうと・・・」

お二人が、同じ旋律を変化を付けて演奏してくれたので

緊張が解けるとともに、ジャズの魅力に惹き込まれていきました。

 

 

 

 

ライブの中盤でかくれ文字絵作家とのコラボ企画。

ぱんださんと近藤さんの演奏曲に合わせて、かくれ文字絵作家が

思いついた情景をパネルに文字絵を描いていくという初の試み。

さらに、お誕生日の方からいただいたお題『うめ』で

演奏者もかくれ文字絵作家も即興でパフォーマンスする、というチャレンジ。

どちらもお客様から大きな歓声と拍手がわきあがりました。

アンコールの演奏が終わる頃には、『ジャズファン』がかなり増えていたのではないでしょうか。

素晴らしい演奏をありがとうございました。

準備だけでなく片付けも参加して下さったお客様、本当に助かりました。

 

 

これからも、『素晴らしい時間と空間の共有体験』をみなさまと積み重ねていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

臨時休業のお知らせ。

ブログカレンダーやイベント情報でお知らせしてまいりましたが、

今度の土曜日2/9は、かくれんぼのオープニングスタッフ

『功ちゃん』の結婚式に列席するため

かくれんぼを臨時休業とさせていただきます。

幸せのおすそ分けをお土産に持って帰りたいと思います。

お客様にはご迷惑をおかけするかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

 

 

 

翌2月10日(日)は

パンダさんによる『バレンタインジャズライブ』がされます。

夕方17時からの開催なので、会場準備のため、

通常営業を16時までとさせていただきます。

連日の営業時間の変更となり、申し訳ありません。

 

 

 

 

 

 

北庭にお越しのお客様、お分かりになりますか?

ヒヨドリ(?)君だと思いますが・・・。

定休日が開けると、赤い実も黄色い実も数が激減していました。

たぶん、『センリョウ』の願いを聞きつけて、

子孫繁栄のお手伝いをしたのだと思います。

 

 

 

こちらは、中庭に面した壁からぶら下がっている

古布作家 風遊花さんの作品。

この時季にぴったりの梅や鶯。

ぜひ、お近くで丹念な仕事ぶりをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

パソコン作業をする傍らにぶら下がっている

今年のカレンダーは気が付けば、もう2枚目。

ふと見やると「がんばっている自分をほめましょう」の言葉。

「誰が見てもがんばっている」というほど自信はないですが

「まあ、がんばっている方じゃない?」と

時々、自分にこっそり言ってあげるのは、『可』だと思います。

 

 

 

☆お知らせ☆

明日は、月に2回の『あんパンの日』です。

よろしくお願いします。

 

 

1月は「いって」しまった。2月は「にげて」しまわないで。

6時半ごろ目覚めて

「雪はどうかな」とカーテンを開けると

朝日を浴びて雪化粧(?)をした明神ヶ岳が。

これはシャッターチャンスと

急いで着替え、カメラを手に外に繰り出す。

刻々と変化する『一期一会の世界』の追っかけ。

 

 

 

開発が進む中、電信柱や電線の数が増えて

撮りたいポイントが数少なくなっていく。

時間とのたたかいなので、

いつの間にかジョギングモードに。

 

 

 

 

 

仙了川のほとりまで出てくると

丹沢山系の山々が迫ってくる。

思ったより朝の空気は暖かい。

このままジョギングしちゃおうか、一瞬思ったけれど

大事な大事なNikonを手にしていたので我慢。

 

 

 

 

帰りがけには、神々しいばかりの朝日が

東の空から辺りを明るく照らし出し始めた。

「さあ、1日が始まる」

深呼吸をしながら、そんな決意をしていると

通勤電車がちょうど上下線すれ違っていった。

(みんな、朝早くからお勤め、ごくろうさま)

 

 

 

 

 

月日の経つのは本当に早く、お餅のシーズンは終了。

今日から2月、『梅の見どころ』や『豆まき』が話題となってきました。

もちろん『バレンタイン』も・・・。

 

 

バレンタインデーに向けて

今年も作ってみました『手作り生チョコ』。

昨日から、ほんのひとかけらですが、

試食していただいています。

愛を告白するような人は久しくいないので、

お客様に、感謝の気持ちを伝えていきたいと思っています。

 

 

 

 

かくれ文字絵作家のHPはこちら。https://kakuremozie.com/

レモンの季節(?)になりました。

実姉・甥っ子が栽培経営している

『香実園』から届けられたレモン。

大きさにもびっくりですが、

香りや果汁のみずみずしさは絶品。

ならば作るしかないでしょ、と

レモンシフォンの制作に入りました。

 

 

 

 

 

この大きなレモン半分を生地に練りこみます。

うすーく、うすーく皮をむいて、みじん切り。

生きがいいので、包丁を入れるたびにはじけ飛びます。

果汁は絞り器で40ccほど。

どちらも入れた生地からは、レモンの香りがプンプン。

召し上がっていただいたお客様からは

「香りとともに、甘酸っぱいレモンの味もしました。」と

嬉しい感想をいただきました。

当分の間、毎週土曜日か日曜日に『レモンシフォン』を焼く予定です。

 

レジ前に、これもお薦めの『キウイフルーツ』とともに展示しておきます。

色・つや・香りをお楽しみください。

 

 

 

 

 

年明けから、たくさんのお客様に召し上がっていただいた

『田舎じるこ』『もちっこ3兄弟』は、おかげさまで、

ちょうど切り分けたお餅が終わりそうなので、

1/31まで終了とさせていただきます。

「寒いから白玉ぜんざいでなくて、お汁粉が食べたかった」

お餅がない12月にお客様のリクエストにお応えして

ご提供した『白玉じるこ』は、2月もオーダーOKです。

 

 

 

 

かくれ文字絵作家のHPはこちら。https://kakuremozie.com/

未完成の部分もありますが、ぜひ、訪問してみて下さい。

 

 

 

 

くつろぎのひとときを。

定休日のかくれ文字絵作家の行動。

外出先の平塚から戻ってきてびっくり。

アトリエに、でーんとソファが鎮座。

前から構想があったのか、突然閃いたのか

一人で黙々と大改装作業を敢行していました。

(こうなると、そばで見ているだけです)

 

でも、かくれ文字絵作品を鑑賞しながら、ソファでゆるりとした時間を過ごしてもらうのもいいかも・・・

今度ご来店の際は、ぜひ、アトリエまで足を運んでみて下さい。

 

 

 

6月の上野の森美術館での

『デビュー10周年記念個展個展』に向けて

新作の制作も少しずつ進めているようです。

(毎日、ことば文字絵を日記風に描いています。)

他にも、温めている構想がいくつかあり、

並行して進めているようです。

 

自由空間の中で生み出される作品だけに、作家の想いやペースを尊重しつつも

時間(期限)との闘いが徐々に熾烈を極めていく中で、余波が降りかかってこないことを願っています。

 

 

 

 

 

3年ほど前に購入した『木瓜(ボケ)』が一輪だけ開花。

【暖かくなって来ると葉が出るより先に花を咲かせる「放春花」と呼ばれる植物。その花は、明るく鮮やかな紅色(緋色)をしており、ほかにも白やピンク等が入り混じった品種も。いずれの花も、明るい春の香りを放っているように感じられることから「放春花」と言われているそうです。】(「庭先の四季」さんより)

 

花芽がいくつもあり、日ごとに膨らみを増しているので、毎日の観察が楽しみです。