マガジンラックに面白い本が。

仲のよいお友達と一緒に来れなかった時、DSC_4334

一人でぼんやりしたい時、

暑いからとりあえず冷たい物でも、と立ち寄った時、

ドア付近のマガジンラックに目を向けて見て下さい。

他の場所では目にすることがないだろう(マニアック?)

書籍や雑誌がお客様をお待ちしております。

今日は、その中の3冊をご紹介します。

 

 

 

 

DSC_4336机に積んだままになっていたパンフや雑誌の中から

パリで私が買い求めた一冊が出土?。

日本の文化・生活・歴史・風習などを

フランスの方に紹介している本。

(日本のことを正しく紹介してくれてあるのかな、ちょんまげ姿など今とずれていたりして・・・でも、2017刊行になっているから大丈夫かな。きっとかくれんぼのお客様も興味を持ってくれそう。)

 

1カ月半もたった今頃、ようやく日の目を見ました。

私の心配は、杞憂に終わりました。日本で生活する私たちが知らないことがあったりして、、、

DSC_4338DSC_4337

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は、オルセー美術館でかくれ文字絵作家がDSC_4339

買い求めてきた書籍。

エッフェル塔やシャンゼリーゼ通りなど

パリの観光地などを精細な切り絵で紹介。

 

DSC_4340DSC_4341

 

 

 

 

解説文がフランス語ですが、なんとなくパリを感じる一冊です。

 

 

 

 

 

DSC_4342最後のご紹介するのは、伊藤文人さんの本。

かくれ文字絵作家の作品が現在展示されている

『ボレアス福井展』で記念講演をされる方の楽しい一冊。

どこかで見たことがある、という方が多いのでは?

 

DSC_4343DSC_4344

 

 

 

 

さかさにすると、あれれ不思議、違ったモノに見える、

隠すと何かが見えてくる、などなど

いろいろ楽しいページが続きます。

 

他にも種々雑多な書籍が並んでいますので、ぜひ手に取ってみてください。

 

 

 

 

DSC_4347とても残念なお知らせです。

竹井農園さんが、本日で最後となる

ブドウを届けて下さいました。

「こんなことは初めてだなあ」

昨日のお客様の一言

「こんな悪い気象状態の中でも、あれだけのブドウを作られているんだから、それだけ栽培が上手なんだなあ。」

竹井さんには、来年もまた、すばらしい『藤稔』『紅伊豆』を育てていただきたい、とエールを贈らせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

お願いと宣伝。

P_20170809_092007ブログで何回かお知らせしてきた

竹井農園さんの『藤稔(ふじみのり)』。

昨日仕入れたブドウが完売してしまったので、

夕方、仕入れ予約の電話をすると…

沈痛な声で、信じられないようなお返事。

「この雨で、実がはじけちゃって売り物にならなくなっちゃってねえ、全部捨てるつもり・・・。」

 

 

 

P_20170809_092049

1年間、手塩にかけて育てた自慢のブドウ。

袋を破って見せていただいた時のあの笑顔。

自然相手とはいえ、心中推し量ることはできません。

お客様が喜んでいる様子をお話する中で、

ようやく一つのご提案をいただきました。

「ひと房丸ごとは無理だけど、よさそうな所だけを集めてなら出せるかも。」

「御遣い物でなければ、皆さん、それでも喜ぶと思いますよ。美味しい『藤稔』が食べたいんですから。」

 

 

 

今朝、7時頃、軽トラがお店の前に留まり、竹井さんがコンテナに入ったブドウを持ってきて下さいました。

『藤稔』と『紅伊豆(赤みがかった種類』の詰め合わせで700円(消費税込み)。量ったら1キロありました。

 

今日は、様子見ということで5セットのみです。DSC_4333

このブログをチェックされた方と本日ご来店された方しか

お知らせできなくてすみません。

明後日20日から(明日は臨時休業させていただきます)

営業日に毎日5セットずつ仕入る予定ですので、

よろしくお願いいたします。(ご予約も承っています)

 

及ばずながら、お世話になっている竹井さんにエールを贈りたい・・・

そんな気持ちから かくれんぼのお客様へのお願いをさせていただきました。

 

 

 

 

Hanaさんの『幸水(こうすい)』梨が幸水

昨日から入荷しています。

こちらもみずみずしくて、とてもおいしいです。

 

 

 

 

 

本日、8月2回目の『あんパンの日』となっております。annpan

たった今焼きあがりました。限定18個です。

人気上昇中の『白あんパン』は8こです。

お電話でのご予約もお待ちしております。

 

 

 

 

新しい動きが・・・

DSC_4341店内に入って正面の白壁に

「初めて観た」というお客様が多いと思われる、

ちょっと変わった作品が。

2009年の第1回個展(開成町瀬戸屋敷)の際、発表した

『あつい なつ なつ なつ なつ なつ』作品です。

(私も久しぶりに見て新鮮に感じました)

今川焼を焼く道具に、夏に関係する物が『なつ』という文字絵となって、はめこままれています。

ぜひ、お近くでご覧ください。

 

 

 

 

 

 

DSC_4333アトリエに立てかけてある『ついたて』。

これを使って、かねてから温めていたアイデアを形にしようと

かくれ文字絵作家が動き出しました。

どんなものが生み出されるのか、いつお披露目できるのか

神のみぞ知るという感じですが、

1日でも早い完成となるように協力したいと思っています。

 

 

 

 

 

 

DSC_4334厨房の後ろに立てかけてある、木製の額。

『営業許可証』

井戸水の厳正な水質検査と厨房などの衛生管理状態など、

ドキドキでしたが見事合格。

平成35年まで有効という「お墨付き」をいただきました。

ところで、平成35年って何歳になる?  あまり考えないで今日を生きようと思います。

 

 

 

 

かくれ文字絵作家の最新ブログはこちら。http://ameblo.jp/mmtrk5803/entry-12300420649.html

 

 

 

 

 

 

モチベーション。

8月になって、珍しく続いた早朝ジョグ。

P_20170809_063202続いている理由は、年寄りの早起き習慣が一つ、

ポロシャツのきつさを何とかしないと…も一つ。

コースの仙了川の土手が走りやすくなっていることも…。

農家の方が軽トラ走行のために刈り込んだろうけど

ゴルフ場のグリーン周りまではいかないまでも、フェアウェイに近い状態に。

その50mは、天然のクッションが効いていて走っていて気持ちよい。(他にも何か所か)

膝に負担をかけたくなくてアスファルト道路を避けているジョガーにとって、とてもありがたい場所である。

 

 

 

P_20170809_063516_1自宅から400mほど行ったところにある油菜橋。

川のせせらぎだけを聴きながら5分ほど

体の眠っている部分を起こすためのストレッチ体操。

肩や腰、膝や足首、関節部分を少しずつ伸ばしていくと

血の巡りが良くなってくるのを感じる。

 

 

 

P_20170809_0640191周約500mほどのコースを何周回るかは

その日の体調や帰宅時刻と要相談。

まだ高くない朝日に見守られながら

稲穂と小川のすぐそばのあぜ道を淡々と走る。

「あれ今何周目だっけ」なんて、時々確認しつつ??。

 

 

膝や腰が痛まない今なら、まだまだ走り続けられそうな気が・・・。

大会に出場しなくなって、モチベーションが低空飛行だったけど、

自分で見つけようとすれば、案外身近なところで見つかるのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

P_20170809_092007楽しみにしていることがあると、月日が経つのもうれしい。

竹井さんの『藤稔(ふじみのり)』の仕入れる日が間近。

昨日、1年ぶりに三竹にあるブドウ園を訪問。

たわわに実ったブドウたちが白いお召し物をまとい整然と…。

いい眺めー。大事に大事に育てられている、って感じ。

 

 

 

P_20170809_092049竹井さんが笑顔で迎えてくれました。

「今年は『紅伊豆(べにいず)』もいいよ。」

8/12(土)から、かくれんぼで試食開始。もちろん販売も。

とにかく甘くてみずみずしい『藤稔』。

出会ってからは、山梨に行く必要がなくなりました。

 

 

 

そのうち、hanaさんの所の梨『幸水』も入荷すると思います。nasi

こちらも昨年大好評でした。お楽しみに。

かくれんぼって、何屋さん??

 

 

 

 

 

かくれ文字絵作家の最新ブログはこちら。http://ameblo.jp/mmtrk5803/entry-12300111759.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8/26 午後4時半から、今年もやります。

「おとなだって、子どもたちみたいに夏を楽しみたい。」

「若い頃、(青春時代?)歌った歌を久しぶりにみんなで歌ったら楽しいだろうなあ。」

「1年に1回ぐらい、生ビールが飲める日があってもいいかも・・・」

生ビールpage002

 

 

 

 

 

 

そんなお客様との会話の中から始まった『おとな(だけ)の夏祭り』は、今年で4回目。

少しずつ中身は変化・発展?していますが、今年も実施いたします。

 

 

 

 

 

塩焼き昨年大好評だった

Tさんのマジックショーだけでなく、

Sさんが釣り上げた『アユ』の塩焼きが

(たぶん)今年も登場します。

 

 

 

 

 

あたり 参加費500円。

ミニかき氷とかくれ文字絵作家手描きのうちわをプレゼント。

「参加していただくお客様と楽しいひと時を」

そんなコンセプトのこのイベント。

当日まで内容はグレードアップしていきます。

ご提案ご要望がありましたら、スタッフまで。

 

 

 

 

今日から、『懐かしのフォークソング』を見ながらのギター伴奏練習を始まる予定です。

年々、コード進行が怪しくなったり、声量や発声域に年齢を感じますが、5

皆さんに助けていただきながら楽しく歌えたら、と思います。

『あの素晴らしい愛をもう一度』『なごり雪』『太陽が暮れた季節』

『翼をください』『神田川』『卒業写真』『サボテンの花』などなど

今年もちゃんと弾けるかなあ???

これもぜひ歌いたいというリクエストがありましたら、練習期間を考えてお早めにご連絡を。

 

 

『おとなの夏祭り』情報は、これからもブログにてお知らせしていきますので

8月最後の土曜の夕方、何かとお忙しいことと思いますが、お友達とお誘いあわせの上

ぜひ、ご参加ください。

 

 

 

 

 

 

レイ1近郷さんによる 『ハワイアン・リボンレイ展』は

本日が最終日です。(搬出の関係で17時まで)

うわさを聞きつけて、ここ数日たくさんのお客様が

カラフルな手作り作品の華やかさを楽しんだり

かわいい作品をご購入されたりしています。

ご都合のつく方、ぜひアトリエをのぞいてください。

 

 

 

 

かくれ文字絵作家の最新ブログはこちら。http://ameblo.jp/mmtrk5803/entry-12298324192.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新たな出会い、そして可能性。

今日のシフォンケーキは、『全粒粉100%シフォン』です。

DSC_4334【全粒粉は、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどが多く含まれ、ヘルシーな素材として最近、がぜん注目を集めています。】

【従来の全粒粉は、小麦の皮が細かくなり切らなかったために製品にすると、繋がりが悪かったり、膨らみが悪かったり、ざらつき感が残ったりしました。しかしこの製品は、粒子が極めて細かいので滑らかな触感で違和感なく美味しく食べられる】

との説明を聞いて、一度試してみようかなと購入してきました。

 

 

 

P_20170801_105357『P&B JAPAN 2017』

新たな出会いを求めて、

一昨日、朝から東京ビッグサイトへ出かけてきました。

『カフェショー』よりは小規模、参加者も少なめ。

でも、たくさんの情報、そしてサンプルもいただきました。

 

 

 

 

 

P_20170801_114128このイベントには何種類ものセミナーがあり、

しかも聴講料は無料、短時間の講座がうれしい。

各ブースを巡回するのがメインなので

興味のある2つのセミナーだけ事前登録しておきました。

一つ目は、大東カカオさん。

【ショコラの可能性】【ファミリーから大人まで】というキーワードに引かれて参加。

もっと長くても良かったと思える15分のプレゼンでした。

 

 

 

P_20170801_125703終了後、大東カカオさんのブースへ。

香料、乳化剤不使用の安全性や風味や作業性の追求、など

より詳しい説明をしていただいたり、

試食もさせていただきました。

メニューへどう生かしていくか、大きな課題と可能性。

 

 

 

 

 

 

P_20170801_155455北海道だけでなく、日本各地の小麦生産者、

そして製粉会社の奮闘ぶりも肌で感じました。

今回使用した全粒粉は、埼玉県産の小麦です。

長野県や熊本県、香川県の製粉会社のブースでは

「お米の裏作としての生産」「稲作と隔年で生産」

「少量だけど品質で勝負」など、お話を伺うこともできました。

 

 

 

 

 

P_20170801_160642最後に訪問したブースは『BRIDOR』。

【ブリドール社は、フランス・ブルターニュ地方で厳選された原料をもとに最新のテクノロジーを用い伝統製法に基づいて、高品質のヴィエノワズリーとパンを製造している冷凍ブーランジェリーのトップメーカー】

 

説明してくださった女性からフランスの会社と聞いて、

「2週間前パリでのイベントに参加していました」と日本語で、

そして、片言のフランス語もちょこっとだけ使ってお話をしてきました。

 

 

 

最初に戻りますが、『全粒粉100%シフォン』にご興味のあるお客様、どうぞご来店ください。

今度の日曜日にももう一度焼いてみたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

手にするのが楽しくなりました。

DSC_4333老化が原因?怪しくなってきた指先の動き。

ガラ携を開けるときに、落としそうになります。

今開催中の近郷さんの作品の中に、

携帯ストラップを見つけたとき

「これだ」とピンときました。

おしゃれなデザインと色合いも気に入って即購入。

小指の内側にちょうど収まって使い心地は上々。もう二度と落とすことは….ないかな?

 

 

 

 

 

DSC_4333近郷さんによる 『ハワイアン・リボンレイ展』。

第1週は、お知り合いの方を含めたくさんの方に

ご覧いただきました。

大きい作品から小さいものまで全て手作り。

私のように偶然出会ってしまう作品があるかも。

12時過ぎから4時過ぎまで在廊していただいております。

お話をいろいろ伺うのも楽しいひと時となると思いますので、期間中にぜひお立ち寄りください。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_4336畑にキュウリやミニトマトの収穫に行って

見つけた稲の開花、出穂(しゅっすい)。

【イネの穂となる部分に見える白い点々としたものが、お米の花です。お米の花は、イネの穂となる部分が”パカッ”と割れ、そこから白い花が咲きます。咲いている期間は、ひとつの花で、たったの2時間程度】だそうです。

 

今日明日ぐらいなら、出会えるかもしれない出穂。気にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

かくれ文字絵作家の最新ブログはこちら。http://ameblo.jp/mmtrk5803/entry-12296309957.html

 

 

暑い夏、でも涼し気な風が?

レイ2今日から始まる

近郷さんによる 『ハワイアン・リボンレイ展』。

一昨日、近郷さんがお友達とご一緒に展示作業に来てくださいました。

かくれ文字絵作家も交えて、3時間ほどで

アトリエが一気に南国の装いになりました。

初めての展示内容なので、とっても新鮮に感じられます。

(今、You Tubeでハワイアンソングを聴きながらブログを更新しています。)

 

 

 

 

 

レイ1この時季にふさわしい、手作りのリボンやレイが

所狭しと展示されています。

これだけの作品を一つ一つ作り上げてこられた近郷さん。

在廊していただけるときもありますので

作り始めたきっかけや制作中の苦労話など

お聞きできるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

レイ3かくれ文字絵作家とのコラボ作品もありますので、

こちらもお楽しみください。

あとりえだけでなく、店内にも販売品があります。

要チェックです。

8/7(月)までの2週間の間に、ぜひハワイの風を…。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_4332暑さゆえか、この頃、花苗の販売が

数も種類も減っています。

かくれんぼでも花の傷みが激しいです。

そんな中、前庭の『あさがお』が連日花を咲かせて

通りかかる車にも注目されています。

 

 

 

 

DSC_4333「私の勤務時間は、4時までよ。」

夕方になると店じまいをしてしまう『ポーチュラカ』は

午前中、小さい花ながら数で勝負、とばかり

殺風景な南側の庭を色とりどりの花でにぎやかにしてくれています。

夏に強い花とは知っていましたがDSC_4334

ちょっとつまんで玄関わきに挿しておいたら

すぐに花を咲かせて驚きです。

 

 

 

 

 

かくれ文字絵作家が夜なべ仕事で、『JAPAN EXPO in  Paris 』のアルバムを制作していました。

近日中に皆様にお披露目できると思います。お楽しみに。

 

 

 

昭和の風が吹いています。

DSC_4340今日も暑くなりそうです。

昔は、入道雲を見ると「夏だなあ」と季節を感じ

なんとなく愛着を感じていました。

でも、今は、天候急変の予兆と

ちょっぴり警戒心をもって眺めています。

 

 

 

 

 

 

DSC_4332 (2)先日から昭和レトロコーナーの一角に

昭和時代の扇風機が登場。

かくれ文字絵作家の実家で長く使用していたもので

小上がりや通路にやさしい風を送っています。

扇風機に向かって「ああーー。」なんて声をぶつけて

昔を懐かしむのもあり、です。

 

 

 

 

 

 

DSC_4337昨日は、曇り空、そして

少しだけでしたが降雨があったので

久しぶりに、水やりから解放されました。

お客様から頂いた『安納芋』の苗が

先日の草むしりのかいあって、こころなしか元気に

なってきたように思います。(葉の大きさが目立ってきた?)

とうもろこしも先端の雄花から花粉がこぼれ始めました。

 

 

 

 

 

DSC_4339今年は、実家の落花生はないとのことで、

緊張感(責任感)が走っています。

時期が遅くなってからの種からの育苗。

畑に地植えしたのも、草むしりも後手後手に。

それでも、黄色い花がいくつか見られるようになってきました。

これからも、追肥・土よせ・水やりと成長を応援していきたいと思います。

秋には、実家にプレゼントできるぐらいの収穫があるといいのですが…。

 

 

 

 

 

DSC_4337

今夏もお客様のご尽力で

FMヨコハマのメルマガ847

『Fよこじゃん』がかくれんぼに送られてきました。

人気のDJによる、県内の夏情報など楽しさ満載です。

無料配布中。置き場所などわからない時はスタッフまで。

 

 

 

 

 

 

かくれ文字絵作家がブログを更新しました。http://ameblo.jp/mmtrk5803/entry-12295216302.html

イベント情報を3つ。

DSC_4336本日開催されるイベントから。

2回目の『ジャパンエキスポ パリ  出張出展報告会』。

16:00~18:00  参加費1000円(ステキなお土産付き)

 

P_20170717_164603 (2)フランスの方との暑い(熱い)出会い。

画像や動画を見ながらの、楽しいエピソード満載の報告会です。(前回ブログをご参照ください。)

当日直前参加でもOKです。

 

 

 

 

 

 

DSC_4224二つ目は、7月第1回目の『あんパンの日』のお知らせ。

7/24(月)に 3種類のあんパンを焼きます。

今回はイベント開催とタイアップしていないので

残ってしまうかも?と心配ですが・・・

ご予約していただければ、閉店時刻の7時まで

お待ちしていますので、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_43333つめが本題です。

近郷さんによる『ハワイアン・リボンレイ展』

7月27日(木)~8月7日(月)

この時季にふさわしい、手作りのリボンやレイが展示されます。販売もしてくれるそうです。

その場で踊っていただいてもかまいません。

小林真澄作品とのコラボ作品も展示されますので、お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

DSC_4335今日も暑くなりそうです。

『家の光』9月号を読んでいたら、

「野菜への夏の水やりは、夕方より朝」とのこと。

朝の仕事が一つ増えました。

植木や花は、夕方でいいのかなあ?

 

 

 

 

 

 

きれいさっぱり。

DSC_4336DSC_4337

 

 

 

 

 

 

昨日早朝より、井の植造園さんがお二人で見えられて

うっそうとしていたかくれんぼの樹木をきれいに剪定してくれました。

さすがプロ。約7時間で前庭、北庭、枯山水の庭が見違えるような風景になりました。

葉の処理だけでなく、草むしりや枯山水の庭の砂利の掃除までしていただきました。

 

 

 

DSC_4334今年は暑い夏になりそうなので、見た目にも

涼しくなってよかったです。

 

朝顔が数日前から花を咲かせ始めました。

周囲がさっぱりしたので、色とりどり(3色)のかわいい花が

きっと目立つことと思います。

 

 

 

 

 

 

DSC_4341夏の日差しを少しでも和らげるために

例年は、前庭によしずを立てかけていましたが

今年は、かくれ文字絵作家のアイデアで

薄い麻(のような)布で日光を遮断(和らげる)ことにしました。

 

風に揺れる布を見ているのも楽しいですし、

日差しが優しくなっているような気もしてきます。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_42377月8月限定のブレンドコーヒーをご紹介いたします。

その名もずばり『サマーブレンド』。

【飲みごたえ抜群の味わいに仕上がりました。キレのある苦みやしっかりしたコクはもちろんのこと、個性豊かな4種のコーヒーが織りなす複雑なフレーバーや甘い余韻も楽しめる】コーヒーです。

アイスコーヒーやアイスオレにもぴったりとか。ご希望の方は、ご用命ください。

 

 

お忙しい中のご参加、ありがとうございました。

DSC_4336「記憶と感動が薄れないうちにやらなきゃね。」

画像や展示準備、発表のイメージ化の検討など不十分なまま

日時だけを先に決めて募集をかけた

『ジャパンエクスポの報告会vol.1』。

 

急な告知にもかかわらず、17名のご参加を得て

一昨日の16時から、熱気むんむんのアトリエで開催されました。

 

 

 

 

 

 

P_20170717_164603 (2)タブレットで撮りためた画像や動画を

お客様に見ていただきながら説明をした方が…

いろいろ検討した結果、少し画面が小さいものの

パソコンのモニターが使えるかもしれないと

絡んでいたコードを繋ぎ替えたら、見事に成功。

 

 

 

 

P_20170717_160717時計を持たない、かくれ文字絵作家。

話したいことはいくらでもあるという今回の報告。

お客様の歓声が聞こえるたび、時間超過となる不安が。

『撮影タイム』『水分補給タイム』で様子を窺うと

お客様は楽しまれているようで、まずは一安心。

 

 

 

 

P_20170717_173508 (2)1時間半ほどで、説明やエピソードは終了。

そのあと、参加していただいたお一人お一人へプレゼント。

ホテル近くのスーパーで買い求めた数種類のお菓子の詰め合わせ。

 

そしてもう一つ。

イベント会場では、色紙や祝儀袋に描いていましたが

報告会では、かくれんぼコースターの裏に

ご希望された言葉で描いた笑顔文字絵をお一人ずつお土産に。

 

参加された皆様が笑顔で帰られて、ほっといたしました。本当にありがとうございました。

 

第2回目(報告会としては最後)は、7/22(土)16:00~です。参加費1000円。

ご関心のある方、スタッフまでお電話やメールでご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

DSC_4334ドア付近の木製プランターに植えられている『桔梗』。

細い茎に耐えられないほどの花芽が付き、

数個ずつ薄紫のかわいい花を咲かせ続けています。

風に揺られてゆらゆらする様子が

「お客様、いらっしゃいませ。」と

おじぎをしているようにも見える、かな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ジャパンエクスポ パリ」報告会のお知らせ

DSC_4333ジャパンエキスポの出張報告に向けた展示準備が

少しずつですが、始まっています。

昨日ご来店いただいたお客様には

口頭やタブレット画像での説明になっていまいましたが

ステージ会場で通訳していただきながら描いたものは

(思うようにいかなかった…)というものの臨場感を感じます。

 

 

 

 

 

DSC_4344本日、そのステージに上がってくれて一緒に

「へのへのもへじ」を描いてくれたフランスの女性から

メールが届いていました。(和訳してくれてありました)

【この素晴らしい経験をありがとうございました。私は決して忘れないだろう。私は、フレームにあなたの贈り物を大切にしなければならない。本当にありがとう、私は日本(2年間で1)に来たときにお会いしてきます】

正確に翻訳できているか心配しながらのメールに、こちらこそ感謝です。

 

 

 

 

 

DSC_4345

テーブルの上には、現地でお客様の前で描いた

「のし袋作品」も展示されています。

(最終日の片付け時に興味深々で眺めていたお客様、

もしかしたら、ほしかったのかな?ごめんなさい。)

フランス帰りの作品、でも、フランス語ではありません。

 

 

 

 

 

DSC_4336

タブレット画像やいろいろな資料、パンフレットなど

整理したいものがたくさんあって、

よりわかりやすくまとめてから…という気持ちに

行動がまだ追い付いていけていないのが現状です。

ギャラリートーク以前の「ちょこっと報告」なら

すでに開始していますので、声をかけてください。

 

 

 

 

 

 

9日間不在の間、水やり(草むしりまで)していただいたのでDSC_4342

あさがおのつるがネットに巻き付くまで成長。

今年もあと1週間ほどで、きれいな花が順に咲いて

皆さんを楽しませてくれることでしょう。

これからは、「おはよう」の水やりが日課となります。

 

 

 

 

 

 

 

日中、ブログ更新ができずにいたら、いつの間にかDSCF1265

『かくれ文字絵ジャパンエクスポ パリ 報告会』の日時が決定。

①7/17(月) 16:00~18:00 定員15名

②7/22(土) 16:00~18:00 定員15名

ステージ発表やワークショップの再現。他にも写真を見たり、よもやまエピソードを聞いたり、楽しさ満載。

参加費1000円。ご希望の方は、電話やメール、口頭でご連絡を。

急なお知らせになってしまい、申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

 

 

 

水がおいしい。

DSC_4355「うちの水って、やっぱ、うまいわ。」

実家を離れた息子たちが帰省した時の一言。

9日ぶりに飲んだ時、同じセリフをつぶやいていました。

 

毎日ミネラルウォーターを買っていつも携帯し、

熱中症予防のために意識的に飲んでいました。

水分補給のためにだけで、美味しいとは思いませんでした。

家にたどり着いて、飲んだ我が家の水。蛇口からほとばしる豊富な水。

冷たさといい、味(?)といい、「日本に生まれてよかった」「富水の水最高!」と

コップの水を立て続けにに飲みほしました。

 

「故郷を離れて、故郷のよさに気付く」10日ばかりで大げさですが、そんな感じです。

これからもっと、美味しい水だけでなく、いろいろな環境に感謝して生活していきたいと思いました。

 

 

 

 

 

出張報告第2弾です。

今回のイベントでは、フランスの方をはじめ、ヨーロッパ各地からのDSCF1387

「ニホン、大好き」「もっと知りたい」というお客様に

日本各地の市や会社、伝統工芸品作りや書や踊りなどのアーティストが

それぞれの良さをアピールしたり、作品の販売をしたりしました。

求める者同士が出会い、会場は毎日熱気に包まれました。

 

 

 

P_20170706_175518かくれ文字絵作家のブースには、専属の通訳をお願いしてありましたが

宮城出身の彼女はフランス語が堪能だけでなく、

作品の意図や良さをよく理解してくれ、お客様の対応面でも優れていました。

 

興味ありそうなお客様には、笑顔で声をかけて説明し、

お客様のリクエストを作家に確実に伝えてくれました。

かくれ文字絵作家のブースがお客様でにぎわったのは

「言語や気持ちの伝道師」の彼女の存在も大きかったです。

 

 

 

 

 

P_20170711_035926ツアー主催会社の「おもてなし」がいろいろ。

3日目から連続で、インスタント味噌汁のプレゼント。

なぜか元気になるから不思議。

クラッシュ氷で冷やしてくれたビールも乾いたのどにしみました。

(部屋に冷蔵庫がないので、冷たい飲み物がうれしかったです)

 

 

 

 

P_20170711_051648何かの本で読んだので、試しに持参した入浴剤。

バスタブが浅めでしたが、あふれない程度にお湯をため

緑のお湯につかると、思わず漏れる大きなため息。

 

緊張状態の毎日の中で、こうしたちょっとしたことで

元気をもらいました。

 

 

 

昨日は、時差ボケと9日間の疲れが出て、動いているんだけど仕事がはかどらない、そんな感じでした。

今日からの営業で体も心も日常のリズムに戻していきたいと思います。

 

 

 

 

 

かくれ文字絵作家のブログ更新は、もう少しお待ちください。画像や資料整理に時間がかかるようです。

 

 

 

 

無事に帰国いたしました。

12(水)16:00ごろ、9日ぶりに日本の地を踏みしめました。

 

ブース準備の日を含めて5日間、DSCF1357

ジャパンエクスポの『WABISABI(わびさび)』

コーナーの一角でたくさんのフランスの方を中心に

ヨーロッパ各地から訪れたお客様と

かくれ文字絵を通して親交を深めてきました。

 

 

 

 

DSCF1366私たち『わびさび』出展者並びにステージ出演者が

ホテルからバスで約50分かけて渋滞の中たどり着くと

9時の開場時点で、ご自慢のコスプレを身にまとい

アニメ、日本文化に興味を持つお客様が次々と会場へ。

作家さんたちがそれぞれのブースで店開きをするやいなや

立ち止まって鑑賞したり、質問したり。

かくれ文字絵ブースでは、筆から流れるような線に、たくさんの視線が集まりました。

 

 

 

 

DSCF1333まだ整理していないので、何人の方のご依頼に

応えられたのか不明(たぶん100人以上)ですが

展示してある絵を眺めたり、のし袋の文字絵を手に取ったり。

とても有能な通訳であり、営業レディでもある専属通訳さんが

笑顔でお客様に対応してくださったので、依頼者続出。

かくれ文字絵作家は、

休む間もなく色紙やうちわ、のし袋に依頼された文字絵を描きどおし(6時まで)。

2時過ぎぐらいにやっと訪れるお弁当タイムも、日本シェフが作ってくれたのに十分味わう暇もなし。

 

 

 

私はというと、笑顔で「ボンジュール」と通路を歩く方に声をかけたりDSCF1261

「アルファベットジャパニーズ『ひ・ら・が・な』」と

ひらがな50音表を指しながら文字絵の説明をしたり

会計をするときに「セ アン カドウ」

(これはプレゼントです)と色紙を手渡したり・・・

 

フランスの方は、必ず私たちの目をしっかり見て、にこっとしてくれて感激(小さい子でも)。

あっという間に1日が過ぎていった、という4日間の会期でした。

 

 

 

12時間の飛行時間を経て帰ってきたばかりなので、時差ボケが多少(うんと)心配ですが

明日は、買い出しや仕込みなどをしっかりやって、久しぶりの営業に備えたいと思います。

7/14(金)11時~の営業となります。

 

 

ジャパンエクスポの話だけでなく、パリ事情・観光珍道中など、DSCF1372

「土産話をちょっと聞いてみるかな」

というお客様、カウンター席へどうぞ。

話し出したら、止まらないかもしれません。

画像や動画もできるだけ整理してお待ちしています。

 

 

 

かくれ文字絵作家のブログも含め、何回かに分けて出張報告をいたします。

また、『どうしても聞いてみたい、見てみたい人集まれ』(仮題)と2回ぐらいに分けて

ギャラリートークを開催(日時を明日中に決定)しますので、お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

かわいい置き土産。

DSC_4334昨日の最後のお客様は、若い男性二人連れ。

コーヒーやかき氷などを召し上がって

1時間ほどでお帰りになりました。

片付けに行くと、テーブルの上に見慣れない物体二つ。

よくよく見ると、おしぼりで作った鳥さんたち。

いつの間に?しかも二人で歩調を合わせて。

紙ナプキンでバレリーナを作ったお客様は以前いらっしゃいましたが、おしぼりは初めて。

居合わせたスタッフで「これ、ブログネタだね。」「インスタでもアップしたら」と盛り上がりました。

 

今度ご来店された時は必ずお声をかけよう、そう心に決めました。

楽しい話題をご提供していただいて、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

DSC_4338お正月の竹垣がまだ撤去されていませんが

あさがおの苗がだいぶ背が伸びてきたので

とりあえず、定位置まで運びました。

不在の間につるをどんどん伸ばしそうなので、

支柱やネットに切り替えてやりたいのですが

時間切れになってしまうかも・・・

 

 

 

 

 

DSC_4340桔梗の花が咲き始めました。

購入した苗全部、この日を迎えることができました。

梅雨空のおかげで、植物たちの元気がいいです。

 

今日明日は、暑くなるとか。

かき氷がおいしそう?????

 

 

 

 

☆お知らせ☆

明日は、パリ行き前日準備(厨房片付け)のため、午後5時で閉店させていただきます。

また、かくれんぼセットのご提供もできません。

長期臨時休業を含め、皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

かくれ文字絵作家の最新ブログはこちら。http://ameblo.jp/mmtrk5803/entry-12288505205.html

 

 

 

 

古きを訪ね…

かくれんぼ店内の右奥に昭和レトロコーナーなる一角があります。

 

実家で使っていた、たぶん100年物の長火鉢、DSC_4334

オープン準備の頃、椅子を買いに行ったはずなのに

出会ってしまったコロンビアステレオ。

自宅で使っていた黒電話、編みかけのリリアン。

懐かしくて、珍しくて、手に取るお客様も。

 

 

 

 

 

今日ご紹介したいのは長火鉢の上に鎮座しているDSC_4338

『名著復刻 日本児童文学館』。

かくれ文字絵作家がピカピカの女性教師だったころ

買い求めたものの押し入れにずっと眠っていたひと箱。

坪田譲二、宮沢賢治、浜田廣介、坪井栄、野口雨情・・・

児童文学、近代文学史の勉強で出会った作家名が並ぶ。

 

 

 

先日見えられたお客様の一言。

「これは、今では絶対手に入らないプレミアものだね。」

でも、価値を感じる人のもとになければ無価値に等しい。(ごめんなさい)

 

 

 

 

 

インテリアとしては十分活躍してくれていますがDSC_4336

きれいな箱、表紙に巻かれているパラフィン紙は

買った時のまま(ほとんどの本)。

先日、ふとその中の一冊を取り出して

誰も開けていなかったページをそっとめくってみました。

塚原健次郎『七階の子供だち』(昭和12年刊)

 

 

 

 

DSC_4337最初のお話『田舎へ』。

病気の後、東京から田舎へ来た一郎さんが

村の岩吉、仙太という少年たちと

一緒に遊んだりいろいろな冒険をしたりして

身も心も強い子供になっていきます。

二人の少年も残していった本をもとに

水車小屋に図書館を作る取り組みを始める、そんなお話でした。

 

 

また続きを読んでみようかな、と思える読書タイムが過ごせました。

知的好奇心旺盛のお客様。ぜひ、一度手にしてみてください。

 

 

 

 

 

かくれ文字絵作家の最新ブログはこちら。http://ameblo.jp/mmtrk5803/entry-12288319051.html

 

 

 

 

 

インスタグラム、始めました。

かくれ文字絵作家に同行するパリ行きが、あっという間に1週間を切りました。

20年ぶり(私)の海外旅行の準備に何かと気ぜわしい日々が続いています。

そんな中、新しい世界へのチャレンジが始まりました。

それは、タブレットを使っての『インスタグラム』。

まだまだ分からないこといっぱい、使えるかどうか不安だらけですが…。

 

 

10日も臨時休業させていただくので、かくれんぼのお客様にDSC_4327

フランスから『ジャパンエクスポ』でのかくれ文字絵作家の様子を

何らかの形で伝えたいと考えていました。

でも、タブレットでブログ発信はしたこともないし、

使えるようにする設定が大変そうだし

現地でそんな時間が取れるのかどうかもわからないし・・・

 

 

 

そんな時、お客様でもあり、旧知の友人でもあるS氏から、DSC_4332

『インスタグラム』なるもののお薦めがあり

設定・レクチャーもしていただき、

先日、めでたく開設することができました。

プロフィール写真は、文字絵が描かれた小田原提灯です。

すでに使いこなしているというお客様もいらっしゃるかと思いますが

初心者の私に少しだけお付き合いしていただけたら嬉しいです。

(とりあえず、7月中は時折画像をアップしていきたいと思います)

 

 

インスタグラムを駆使して状況把握ができるかくれんぼのお客様は、少ないのかもしれません。

一部の方への発信ということになってしまい、すみません。

お土産話(珍道中記?)は、帰国後にお店でゆっくりお話しできたら、と考えています。

 

 

 

 

DSC_4328ユーザーネームは、

『kakurenboodawara』

写真の投稿とキャプション写真に対するコメントや説明)

教えてくれる方がいられる日本で経験しておきたいですが

コメントのやり取りは間に合わないかも・・・。

 

 

 

 

 

DSC_4329これもS氏が教えてくれたH.P.

【完全保存版】インスタ初心者向け!インスタグラムの使い方完全攻略

https://colorful-instagram.com/how-to-use-instagram

がとても参考になりそうです。

ここへきて覚えることがいろいろあって、老化し始めている頭脳が心配。

でも、これもいい経験。軽重を付けながら、出発までのあと5日を大切に使っていきたいと思います。

 

 

 

 

かくれ文字絵作家の最新ブログはこちら。http://ameblo.jp/mmtrk5803/entry-12287765582.html

並行して進めている準備があるので、(目は輝いていますが)こちらも大変のようです。

 

 

かくれんぼ農園は今。

梅雨空の合間を縫って、土づくり、草むしりに励み、ようやく苗が植えられる状態になりました。

 

DSC_4334これは、お客様からいただいた『安納芋』。

雨模様の天気予報を聞いて、

夕方、厨房の片付けが残っていましたが

日があるうちにと急いで植えました。

約15本の苗から、大量のスウィートなお芋が

できるのを楽しみにしています。

 

 

 

 

DSC_4335種まきが遅くなって、まだこんなに小さいので

何かわかりにくいでしょうが

『トウモロコシ』の幼い姿です。

なかなか育苗箱から出してやれなかったのですが

これからは、せいせいと根をはり、葉を伸ばして

すくすくと成長してほしいです。

 

 

 

 

DSC_4331これも種から育てた『落花生』。

DIY店の野菜苗コーナーには

もう1カ月ほど前にこのくらいの苗が販売されていました。

 

かくれんぼ農園では遅ればせながらの露地植えですが、

昨年とっておいた種から、どのくらい収穫があるか

楽しみでもあり心配でもあります。

結果は10月ごろ判明するものと思われます。

 

 

 

 

DSC_4332雑草の中に紛れて

間違えて何本も抜いてしまったかもしれない

『根深ねぎ」(確か…)。

まるで、間引きし過ぎたように

数は少ないですが、これも見守っていきます。

 

 

 

他にも以前ご紹介したキュウリ、ミニトマト、ピーマンなども収穫間近。

たくさんなりすぎのラズベリーは、一気に収穫して『ラズベリーソース』作り??

 

「蒔かぬ種は生えぬ」「世話をしただけ還ってくる」そんな言葉を信じながら、

暇を見つけては蚊に刺されながら、農作業に励む日々が続きます。

 

 

 

 

DSC_43402週間の日程でお客様に楽しんでいただいた

しま工房さんによる 『帯バッグ展~こだわりの逸品』は

今日が最終日。

追加していただいたバッグも昨日までに

だいぶお嫁に行ってしまって数が少ないですが

まだ、ご覧になれなかった方、

帯で作った素敵なデザインの手作りバッグ・ゆいさんの紬ワンピを

ぜひご自身の目でお確かめください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

60の手習い??

DSC_4333かくれ文字絵作家のマネージャー役として

出発する日から逆算して準備を進めています。

かくれ文字絵作家としての仕事がスムーズに、

そして成功裏に終了することが一番なので

パリ市内の様々な情報収集や現地での動き方、

羽田空港までの時間や経路チェックなどなど

私の業務は、まだまだたくさんありそうです。

 

 

 

 

 

DSC_4328英語だって会話場面に出くわさないようにしているのに

フランス語なんて一生縁がない言語だと思っていました。

でも、せっかく遠いパリの地まで行くのだから、

スタッフや通訳の方に縋りつくばかりでなく

自分の言葉でフランスの方と交流できたらいいなあ…

そんな無謀な計画が、心に湧き上がっていきました。

 

 

 

 

 

DSC_4333NHKの語学番組『旅するフランス語』は、

ナビゲーターの常盤貴子さんがパリを中心に旅をしながら

場面に即して、よく使われる構文や単語を紹介する形態。

文字を追いながら発音練習が繰り返しできる、

初心者にとって学びやすい形を取っています。

さらに、パリの人々や街並みが臨場感を増します。

 

 

 

 

 

DSC_4330ノートにアルファベットの文字を書くなんて

何十年ぶりかな?と懐かしい感覚が呼び覚まされる。

書くことによってフランス語に親近感がわいたり

発音やつづり方の特徴などもつかめるのでは?と

4月から始めた早朝学習はノート1冊終了。

常盤さんの魅力も継続のエネルギーになっているかも。

 

 

 

 

 

DSC_4334『ボンジュール』『メルシィ』しか知らなかった私。

でも、録画ビデオを繰り返し視聴する中で

パリで使ってみたいな、と思える単語や構文が

いくつもできました。(通じるか、はなはだ心配だけど)

この年になってこんな『学びの喜び』を味わえるなんて、

かくれ文字絵作家に感謝しなきゃ??かな。

 

あと2週間。まだ見ていない録画を観つつ、ノートをめくり返して実践に備えたいと思います。

 

 

 

 

 

 

かくれ文字絵作家の最新ブログはこちら。http://ameblo.jp/mmtrk5803/entry-12285426826.html