初めて作ってみました。

前回のブログで『花梨シロップ』作りを掲載したら、

「うちで取れた金柑も使ってみて。」

お客様が、自宅で採取したとても色つやのよい

『金柑』を持ってきてくださいました。

袋を開けると、柑橘類特有のいい香りが…。

そのまま食べるのが一番栄養を摂取できると聞いて

酸っぱい顔の準備をして食べたら、「おいしいー。」

 

 

 

 

 

今回もネットで調べて、『金柑ジャム』作りに挑戦することに。

後の作業がしやすいように、大粒の『金柑』を選んで水洗い。

ヘタを取ってから、ひたひたぐらいの水を入れた鍋で煮る。

ゆであがるまで5分ぐらい待つ。(卵の黄身みたいな色)

火から下したら、サッと水洗い。ペーパータオルで水気をとる。

 

 

 

 


種子がとりやすいように半分に輪切りにする。

思ったより種子が少ない。

(ジャムづくりで、この作業がいちばんたいへんだとか)

種子を箸などで取りだしながら、皮部分を千切りにしていく。

中心部分は、包丁で切り落として除外することにした。

 

 

 

 

 

果実の半分程度の砂糖を

振りかけてから

とろとろと煮込むこと20分。

飴色になり、

水分がわずかになったら

火を留めてできあがり。

 

 

 

 

 

予想以上の出来栄えに大満足。

まだあるので、次回はもっと砂糖を減らして

金柑本来の甘さをもう少し出してみたい、

近日中の宿題ができました。

今年最後になる明日からの3日間、

ご来店いただいた方には

ご試食をしていただく予定です。

 

コメント

コメントをお寄せ下さい。

コメントの投稿