今、できることを淡々とする日々。

コロナ禍は、収まるどころか「第4波」が

忍び寄っているようで落ち着きません。

頼みの綱の?ワクチン接種は私たち高齢者でも

6月下旬とか(小田原市)。

あと100日を切ったオリンピックを楽しみにする

気持ちには到底なれず、スポーツ選手の活躍も

心の底から喜べるものとはなっていない気がします。

 

 

 

 

 

 

 

でも、下を向いていても、事態が好転するわけではありません。

 

以前、地震や台風で大変つらい苦しい思いをしている方々が

「災害地のことを慮って自粛するより、できる人は日常生活をちゃんと送って経済を回す。それが、被災地の復興につながる」

というようなことをおっしゃっていました。

 

コロナ禍は、自然災害と同じとは言えないかもしれませんが、

私たちは、最大限の感染防止をしつつ、季節を楽しみ、食(飲?)を楽しみ、体を動かし、

(マスク越しであっても)人との語らいを楽しみながら、心と体の健康のバランスを保っていくことが、

今、できることの一つなのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

孫と一緒に種まきをした『ミニトマト』『キュウリ』が

芽を出し、日々背を伸ばしています。

あと2週間ぐらいたったら、かくれんぼ農園に

移植しようかと考えています。

自分を元気づける、こと・もの・人に出会うために

少しずつでも動いていこうと思っている毎日です。

コメント

コメントをお寄せ下さい。

コメントの投稿