バラに癒されました。

「今、八分咲きかなあ、色とりどりできれいだったよ」

と お客様情報をいただいたので、

一昨日、小田原フラワーガーデンを訪れてみました。

9時半ごろだったので、まだお客様も少なく

ゆっくり鑑賞することができました。

こんなにたくさんの種類のバラを

ほぼ同時期に見頃にもっていくなんて、プロの技‼。

 

 

 

 

 

 

「こんな形もあるんだ」

「この色は、初めて見たかも」

私たちと同じように、写真に収めるお客様が多かったです。

バラの次の主役として、紫陽花が開花準備を始めていました。

 

コロナ禍の中で、「フラワーガーデン」は、安全で心癒される場として今後も愛されていくことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

オレンジの鉢の植物は、『かくれんぼのミニバラ」です。

開花後、庭の片隅に下して冬を越し、整枝もしたので

今年もいくつか花が咲いてくれそうです。

もう一つ、ミニミニバラがあるのですが

こちらはアブラムシに襲われて生育が今一つ。

元気になったら、みなさんにご披露します。

 

 

 

 

 

 

 

バラに触発されたのか、鑑賞した午後、

かくれ文字絵作家もガーデナーに変身。

『バーベナ』や『ペチュニア』の寄せ植え。

『マツバボタン』とのそろい踏みで

前庭がにぎやかになりました。

かくれ文字絵の『花シリーズ』が一気に増えるかも??

 

 

 

 

 

 

昨日の雨で、花だけでなく、

『かくれんぼ農園』の野菜たち(草も)も成長が促進。

「ホウレンソウ」は間引きが必要かな。

『絹さや』に替わって、『キュウリ』『ミニトマト』などの

世話が始まります。

自宅での『エダマメ』は発芽中、

『落花生』『オクラ』も近日中に種まき予定です。

 

 

 

 

コメント

コメントをお寄せ下さい。

コメントの投稿