かくれ文字絵『今昔物語』??

今から12年前の2009年3月24日、

鎌倉の小町通りの趣味の店『まどか』さんに

31種類のポストカードを置かせていただいた時から、

かくれ文字絵作家小林真澄のプロとしての創作活動が

始まりました。

 

アトリエリニューアル第3弾は、3月でデビュー12周年を迎えるかくれ文字絵誕生の月として、

デビュー当時、多方面にわたりアドバイスしていただいた

日本画画家 山梨三幹さんとのコラボ展を企画しました。山梨 三幹 | Japanese Fine Arts

 

 

 

 

 

【退職のころから私は、その人の名前の文字で、

その人の似顔絵を描くという、オリジナル作品に取り組んでいました。

そんな作品を見て、

「今の業界に、このような作品を描く作家はいない。創作文字絵作家として、新しいアートの世界の第一人者になりなさい。」

と、私にプロとなることを薦めてくださいました。】

 

と、当時のかくれ文字絵作家のブログで三幹さんをご紹介しています。

 

 

 

 

 

 

アトリエ正面には、

かくれ文字絵の二作品『めでたい』『ウメ子』を囲むように

三幹さんの『福福福』『月を得る』『一生百福百寿』の

三つの作品を展示。

それぞれの作品に、癒され、励まされてきた

我が家の歴史があります。

 

 

 

 

 

 

また、

第1回個展の『あしがり郷瀬戸屋敷』

第2階個展の『なりわい交流館』の

スナップショットを見ると、

試行錯誤の連続ながら、無我夢中で取り組んでいた

12年前の日々が思い出されます。

 

 

 

池袋の東京芸術劇場で開催中の『25th オアシス展』(東京2020オリンピック応援プログラム)への

出展作品も3/9以降の戻ってきて展示されます。

かくれ文字絵作家の『昔』と『今』をたくさんのお客様に楽しんでいただけたら、うれしく思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

定休日のささやかな手仕事。

雨上がりで色鮮やかになっていた「苔」を

枯山水の庭にパズルのように貼り付けました。

根付くか枯れてしまうか、全く予想不能ですが、

毎日、シャワーを浴びさせてあげようと思います。

(当分の間、降水確率ゼロ%らしいので)

 

 

 

 

 

☆☆ お知らせ ☆☆

2/27にいただいたばかりで申し訳ありませんが

3/13(土)、家事都合により臨時休業にさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 

コメント

コメントをお寄せ下さい。

コメントの投稿