熱波の中でも、秋の兆しが。

「処暑」を過ぎて、暦の上では暑さがおさまる頃ですが、

日中、外を出歩くのがはばかれるほどの暑い日が

続いています。

1日のルーティーンとなっているウォーキング。

6時台でも、30分も歩くと帰宅後着替えるほどです。

でも、田んぼが少しずつ黄金色になってきたり

その上を、『アキアカネ』が乱舞していたり

少しずつ秋へ向かっていることを感じます。

 

 

 

 

 

 

 

昨日、開店準備をしていると、窓ガラスの所にじっとしている

『カマキリ』さん(どうやらメス?)と遭遇。

ガラス上部でうたたねをしていた『アマガエル』くんを

狙っていたのかどうか?わかりませんが

しばらくしたら、どこかへとんでいってしまいました。

 

虫(小動物)たちの合唱も

『カエル』から『セミ』そして『コオロギ』へと移ってしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

かくれんぼ農園も、「トマト」「キュウリ」から

『ナス』『モロヘイヤ』『オクラ』などへ

収穫野菜が変わりつつあります。

定休日には、収穫を終えて休ませていた『エダマメ』畑を

初挑戦となる『秋ジャガイモ』の植え付けのために

土づくりをしました。

また、二期なりの『ラスベリー』の収穫に備えて

下草を撤去したら、ずいぶん風通しがよくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

コロナワクチン2回目を接種して、1週間がたちました。

2回目は翌日の夜、だるさ、発汗の副反応があり

心配しましたが、「異物」は体になじんでくれたようです。

コロナ禍が高止まりしている現状です。

希望するすべて人たちに接種できるように

体制作りをさらに急いでほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

コメントをお寄せ下さい。

コメントの投稿