楽しみを見つけて

毎日、テレビやインターネットを観ていると

不安が一層募ってしまいそうなので、

『不要不急な外出はしない』

『人と会うのを8割減らす』

この二つを念頭に、情報入手は最小にして

淡々と規則正しい日々を送るよう心がけています。

 

 

 

 

そんな日々の中でも、せっかくできた(?)この時間を有効に使えないだろうか(生来の貧乏性)

また、楽しく時を過ごすことが最大の免疫力アップにつながるのではないかと

あれこれ考え、その一部分ですが実行してきました。

 

 

 

 

 

3日前から取り組んでみたこと、それが『パン作り』。

粒あんパン、白あんパン、ウィンナーロール、クリームチーズパン

が 『あんパンの日』の定番でした。

しかし、実はパン教室で習った後、自宅で復習した時に

うまくできないまま放置していたレパートリーがあったのです。

時間のある今だからこそ再チャレンジしてみようと、材料チェックを始めました。

 

 

 

 

 

初日は、『バターロール』。

スキムミルクがないけど牛乳で代用し、その分、水を減らせばいいか、

丸め方はどうやるんだっけと、レシピを見直しながらの作業。

いい色に焼きあがったものの、もっちり感やしっとり感は

まだまだ納得できず。(食後のコメントもそれなり)

 

 

 

 

 

 

2日目に取り組んだのが『ピザパン』。

(引き続き、前日の課題に取り組まない浮気性)

自宅からウィンナー・ピーマン・玉ねぎ・ミニトマトを持参。

準備を始めて、全粒粉・ピザソースがないことに気付き、帰宅。

生地にフォークで穴をあけ、具材を山盛りにして順に載せていく。

いい香りが立ちのぼり、チーズのとろーり感がでたところで完成。

パン皿ごと車に乗せて持ち帰ったら、

「そろそろかなと、お昼を待っていた」と迎えられる。

もちろん、そんなわけで食レポも高評価。

 

 

 

 

 

 

3日目(昨日)に取り組んだのが『クリームパン』。

ずーっと前に作った時は、カスタードクリーム作りから躓いて

味も形状も散々だったため、「避けてよけて」今日まで来ました。

ファイルにためてあったレシピから探して「これでいってみようか」

薄力粉ではなくて、コーンスターチでとろみをつける、

卵黄はこんなに使うんだ、弱火でとろみが出るまでかき回す・・・。

以前作った時と別物のカスタードクリームが出現して大満足。

 

 

 

 

もっとたくさん作って実家におすそ分けしたかったけど、

欲はかかずに、今日は生地量を多めにして4個だけ作ることに。

たっぷり入れたクリームが焼成中に破裂しまわないようにと

閉じた部分を念入りにチェック、それらしい形にと切れ目も入れる。

(レシピのアレンジにあった板チョコを入れたものも作ってみる。結果は…)

夕食前の持ち帰りだったけど、「焼きたてのが美味しいでしょう」と。

半分ずつ試食をしてみる。

「やっぱり、このくらいクリーム入っていないとね。」

生地の食感やカスタードクリームの味などについての食レポではないが、まあいいか。

 

 

 

次は、何パンを作ってみようか?イチゴの美味しいこの時季に何かできないかな?

免疫力は、かなりアップしたのではないでしょうか。

 

 

 

倉庫から引っ張り出しました。

朝7時前後に仙了川のほとりを30分ほど歩いていますが

外出自粛でも食欲は変わらないので、体はいつしか重くなって…。

テレビやSNSで、いろいろ「おうちの中でできる運動」が

紹介されていますが、やってもその時だけになってしまうことが多いです。

 

「処分せずにしまっておいた『あれ』があった。」

と思い出したのは、かくれ文字絵作家も一緒でした。

今朝、広縁に設置して、10回ほど。でも、すぐ息が上がってしまいます。

生活リズムの中に取り組む時間帯を入れれば、続くかも??

 

 

 

もう一つ、こんなものも・・・。

空気がだいぶ抜けているので、バランスをとるのが『超むずい』。

(空気入れが行方不明なのでこのまま使用)

 

やり始めると、低下している体力や運動能力を忘れてしまうので

柱やふすまとけんかをしないように気を付けたいと思います。

 

 

 

 

 

 

昨日、降水確率が100%だったので、

一昨日の夕方、急いで種まきをしました。

左が『ミニトマト』 右が『エダマメ』。

発芽が楽しみです。

当分の間、お店に出勤してきた時に水やりをして

そして、鳥の餌になってしまわないように

早めにネットをかけます。

 

 

 

 

 

 

 

かくれんぼ農園の『ブルーベリー』。

かわいい花がたくさん咲いています。

2種類のブルーベリーの間を行き来して

受粉させてくれている「ミツバチ」くん。

見えにくいですが、おわかりになりますか?

お隣では、『ラズベリー』も新芽が目立つようになりました。

 

 

 

 

 

☆ お知らせ ☆

一向に収束する気配がない『新型コロナ感染』。

かくれんぼの臨時休業は、非常事態宣言を鑑み、

5/6(水)まで延長することにします。

とても残念ですが、みなさんと一緒に耐え忍んでいきたいと思います。

 

 

気晴らしにどうぞ。

この頃、『かくれんぼ店主』ではなくて、

『かくれんぼ農園オーナー』としての毎日を送っております。

かくれ文字絵作家は、店内に出勤して制作活動にいそしんでいるし

買い出しの回数も激減しているので

日中、ほとんど人と接触しない日が続いています。

これまでと生活の様子は一変しましたが

「つつがなく暮らせる」ことに感謝です。

 

 

 

 

ところで、上の画像から、『絹さや』の実を見つけられますか?

種子から育てた『絹さや』は、畑に移植すると

発芽したものが全て順調に成長し

こんなジャングルのような状態になってしまいました。

花がたくさん咲いていたので、

実もたくさんできているはずなのですが

鬱蒼とした葉や蔓の間から見つけるのは大変です。

 

 

 

 

 

20分ほど、周囲を2・3周して、収穫したのがこれです。

色つやがよく、においをかいでみると何とも言えない香りが。

しゃぶしゃぶのように、さっと熱湯にくぐらせるぐらいが

ちょうど食べごろ。

口の中に春が広がります。

味噌汁に入れてもいい出汁が出ますし

野菜炒めに入れても鮮やかさを演出してくれます。

 

 

 

 

もうないだろうと思って、見逃してしまうと

このように、丸々と膨らんだり、ビッグサイズになったり。

 

お子様に収穫体験させたい(大人でもOK)というお客様、

お電話をいただくか、店内のかくれ文字絵作家に声をかけて下さい。

人との接触がほとんどない、青空のもとでのひとときが

過ごせると思います。

 

 

 

 

 

 

明日は、月2回の『あんパンの日』の予定でした。

臨時休業にしたので、焼かないつもりでいました。

でも、いつも買ってくださるご近所の方に

「亡くなった主人が『あんこが美味しい』といっていたので墓前に供えてあげたい」

5日ほど前、散歩途中に話しかけられました。

休業中であることは伏せて、ご注文をお聞きして焼くことに変更しました。

 

粒あん、白あん、桜あんの3種類は焼くつもりです。

このブログを読まれたお客様で、もしご希望の方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。

(明日は12時から3時くらいまでは店にいますので、数量限定ですが、突然でも対応できます)

 

 

 

 

 

 

 

 

臨時休業のお知らせ

「この辺は、まだ、感染者が少ないから…」

「お客様の密集度が少ないし、これまで以上の対策をとっているから…」

心苦しい言い訳を探しながら、営業を続けてきました。

 

 

 

 

一方で、感染拡大の状況や患者・医療従事者の現状を見聞きする中で

「いつ だれが どこで感染するかわからない」

「自分(かくれんぼ)が感染を広げているかもしれない」

そんな不安も常に頭の中にありました。

 

 

 

外出自粛で数が減ったとはいえ、必ず来店して下さるお客様。

そんなありがたい「かくれんぼのお客様」との楽しい語らいに

現実を忘れさせてもらっていました。

 

しかし、東京周辺のここ数日の状況に私たちも危機感を感じて

閉店後に二人で話し合って決断しました。

事態の収束を願って、かくれんぼも臨時休業することに。

 

 

 

 

状況は、『収束』という言葉が聞かれないほど深刻なので

また、明日、どんな内容の宣言が出されるかわかりませんが

とりあえず、4/10(木)より4/15(水)を臨時休業にします。

(たぶん、再延長となると思われます)

お客様にはご迷惑をおかけするかもしれませんが

よろしくお願いいたします。

 

 

 

お客様におかれましてもこれまで同様、健やかに毎日をお過ごしください。

老齢の私たちも,皆様との笑顔の再会を楽しみに

よりいっそうの注意を払っていきたいと思います。

 

 

お店ブログ(マスターの独り言)やかくれ文字絵作家のインスタは更新していきますので

お時間のある時に、ご覧ください。

 

 

 

 

今できることを。

 

実姉が甥っ子と経営している『香実園』。

ジャム用に、といただいたSサイズの『湘南ゴールド』。

新鮮なうちにと、教えてもらったレシピで

ジャムづくりに挑戦。

「ちょっと皮を残した方が苦みがあって美味しいかも?」

姉からのアドバイスを受けて皮をむく。

この時点で、いい香り。もったいないほどの果汁。

 

 

 

ミキサーに3回ほどに分けて粉砕。

皮も実も袋部分も元の形状がわからないほど。

すっきした自然の色に癒される。

もっと細かくした方がいいのかなあ??

 

 

 

 

 

鍋の中に入れて果実の約三分の一の重さの

砂糖を入れて煮込む。

沸騰したら、中火に落として様子を見ながら、かき混ぜる。

油断をすると、はね飛んだり、こげてしまったり・・・

とろっとするまで、およそ20分。

 

味見。適度な苦みと甘みと、それに何といっても柑橘類ジャムらしい出来ばえに仕上がった??。

 

今日のお客様の感想は、「美味しい」「大人の味」。(かくれんぼのお客様は優しいのです)

明日以降のお客様にも喜んでいただけたら、うれしく思います。

 

 

 

 

 

 

 

「きょうは、やっていますか?」

お客様からの電話がかかってきます。

いっこうに収束する気配が見られない新型コロナ感染。

『臨時休業』を視野に入れながらも

できる限りの対策と免疫力アップとなるおもてなしで

明日も「いつものように」お客様をお迎えしたと思います。

 

ありがたい。

いつもお世話になっている『かもめ図書館』。

【新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、不特定多数が長時間滞在する施設である図書館・図書施設を次のとおり臨時休館します。 】

2週間に一度の楽しみだった訪問ができなくなって意気消沈していたら・・・

 

 

【インターネットから予約した本の受け取りのみできます。】

さっそく予約ページから頼んでみると、翌日連絡メールが。

しかも、近場の『尊徳記念館』で受け取れると。

好きな作家さんの一覧から5冊だけ選びました。

睡眠前のわずかな時間中心ですが、読書生活が復活しました。

ズラッと並んでいる本棚を探索する楽しみはないものの、大満足です。

近々、第2回目の予約利用を考えています。

 

住民の願いを先回りしてくれた小田原市の取り組みに感謝。

http://www.city.odawara.kanagawa.jp/public-i/facilities/library/topics/toshorinjikyukan.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店内に、かわいい竹細工の『たぬき』さんが登場。

自宅の解体でお世話になっている『金子興業』さんの職人さんに

解体時に見つけた真竹を分けてもらっていいか、と聞かれました。

「趣味で、真竹を使って『たぬき』など竹細工を作っているので使いたい」とのこと。

快諾後、私も以前、竹でランプシェードなどを作っていたので、「ぜひ作品を見せて下さい」という運びに。

 

カウンターの後ろ席で、お客様をお迎えしていますので、ぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

プランターに埋めておいた『チューリップ』が咲き始めました。

「さいた さいた ちゅーりっぷの はなが

ならんだ ならんだ あか しろ きいろ・・・」

かくれ文字絵作家の作品を思い出します。

 

無計画的な植え込みだったので見栄えはいまいちですが、それぞれの花が一生懸命に咲いています。

 

 

 

 

 

かくれ文字絵作家のHPはこちら(インスタの更新随時)。https://kakuremozie.com/

 

 

 

 

 

新しい生活もまた楽し。

朝起きてから眠りにつくまでの生活が物理的に変更されると

体や心の中ではストレスがたまります。

でも、時がたつにつれ(部屋での動線、どこに何があるなど)

身体と心が少しずつ順応してくれて

リラックスできる時間が増えてきたように思います。

そして、「次の定休日は、ここを片付けよう、あれもなんとかしたい」というアイデアも生まれてきます。

 

 

 

「あっ、ツクシだ!」

早朝、店へ出勤する裏道で見つけました。

見事な群生に、カメラを取りにまた自宅へ。

いろいろなところで心配なことはいっぱいありますが

季節は着実に移っていきます。

 

 

 

 

 

 

『家の光』4月号が届きました。

特集は「親と子のちょうどいい片づけ計画」。

特集ページを開いてみると

納得することや新たな発見があり、熟読。

(今の時代、多くの人の課題なんだなあ)

改めて感じました。

 

 

 

 

親世代の悩み…「わかっているけど腰が重い」

片付けスイッチをオンにする『4つの言葉』。

特に共感したのは、③「元気なうちがだんぜんお得」。

一年一年体力気力が減退しているのを感じる昨今、

60代で『身の回りを整理』できたのは、よかったのかもしれません。

 

 

 

 

片付けながら「思い出に浸ること多し」だったけれど

スーツもネクタイもシャツ類も「ありがとう」と処分。

「これから必要となる場面があるか」が基準。

食器や電気製品、書籍や厨房器具もしかり。

だいぶすっきりしてきたと自分をほめてあげたいけれど、

倉庫には、引っ越したままの物体がまだたくさんあります。

 

 

『子の世代の悩み』ページもあります。若い人もぜひ読んでみて下さい。

読後に、経験談や今後の課題など、お客様とのお話が盛り上がったりして??

 

 

 

かくれ文字絵作家の今。

 

かくれ文字絵作家は、引っ越しの諸々の作業の間隙を縫って

依頼作品の制作やら、大阪や東京で開催される『オアシス展』への

出展作品の制作やらで、「目が回る」状態のようです。

しかも、自分の制作コーナーだけでなく店内にも目を配り、

あちらこちらをいじる?ことにも余念がありません。

 

 

 

 

 

 

昨年は、カレンダー形式に1月1日から12月31日まで

その日にあった出来事から1行日記を書き

その中から言葉を選んで、『文字絵笑顔』を描き続けました。

 

今年は?というと

お客様に協力いただいて、『しりとり笑顔』を展開しています。

『わたしたち』『ちかい』など、斬新な?しりとり言葉も登場。

「どんな『文字絵』になっているのか、次来るとき楽しみ」

と 笑顔で帰られるお客様も。

1年間、366個の『笑顔』が繋がっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

3月になって、かくれんぼ周辺の庭が、ここかしこで一斉にカラフルになってきました。

 

 

 

 

 

 

どこで咲いているのか、おわかりでしょうか?

入り口付近の『ビオラ』だけでなく、あちこちでいろいろな植物が芽を出し、花を咲かせています。

「いつも、いろいろきれいに咲かせているねえ。」

そんなお褒めの言葉をいただいて、いつのまにか習慣化してきました。

 

「世話した分だけ応えてくれる」

日ごとに春めいていくこの頃、花(野菜もあったっけ)との付き合いが

忙しくなりそうです。

久々のブログ更新です。

住居転居のため、インターネット環境の引っ越しに手間取ってしまい、

この2週間、ブログの更新が滞ってしまっていました。

ご心配をおかけいたしましたが復活しましたので、週に一度は更新していく心づもりです。

 

 

 

 

自宅解体工事(アトリエも含む)に伴い、店内の様相が少し変わりました。

また、日・時により、騒音が会話のお邪魔をしてしまうかもしれません。

たいへんご迷惑をおかけすることになると思われますが、

これまで以上の『おもてなし』で、お客様をお迎えしたいと思いますので、

これからもよろしくお願いいたします。

かくれ文字絵作家が、店内で常時作品制作をしています。

気軽に声をおかけください。

 

 

 

 

 

 

 

3月になって、自宅の解体が始まりました。

長年住み慣れた我が家が取り壊されていく様子を

覚悟はしていたものの「喪失感」をもって毎日見続けています。

解体業者の方は、そんなこちらの心情を慮るように

手作業でふすまや畳を搬出し、瓦を一枚一枚剥がしてくれています。

「しっかり作ってある家だね。」

「まだまだ住めるよ、もったいないなあ」

解体の職人さんたちが言葉をかけてくれます。

 

近日中に大型重機が登場して、建物の主要部分が解体されます。

感謝の気持ちをもって作業を見続けていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

イチゴムースのご提供が始まって2週間。

「えっ、もうあるの?」

「もうこの時季になったんだね。」

「濃厚だね。」

お客様に喜んでいただいております。

ぜひたくさんのお客様に味わっていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

ひっそりと咲いている花。

北庭は、日差しが弱く、気温もあまり上がりません。

それでも、『ヒメシャラ』『エゴノキ』はしっかり根を張って

毎年白いかわいい花を咲かせて、楽しませてくれます。

その2本の樹木の根元で、『クリスマスローズ』が見頃となっています。

お客様からいただいた花苗を地植えしたところ、

昨年あたりから、少しずつ花を咲かせ始めました。

最近、NHK『趣味の園芸』で「古い葉は取り除くといい」という

講師のアドバイスを受けてやってみたら、効果てきめん。

花好きなお客様、ぜひ、北庭にも目をかけてあげてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

断捨離活動で、息子たちが昔遊んだおもちゃ箱を開けたら

出てきたコイン。

どこかで遊んだ残り物かと思っていたら

何と、500円玉。

『長野オリンピック記念硬貨』でした。

ジャンプの原田選手、モーグルの上原選手を思い出します。

 

 

『平成10年』

40代の私は、刺激を受けてスキー場で「こぶ」に

挑戦してしまう無鉄砲さもあったような・・・。

家族そろってスキー場に行くのもこの頃が最後だったかな。

たった一つのコインから昔を懐かしがるとは、

年をとった証拠????

 

 

 

 

 

 

 

『イチゴムース』が始まりました。

井上さんの『紅ほっぺ』は今年もジューシーで

甘さ・香り、今年も絶対おすすめです。

『イチゴムース』で春の訪れを感じて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

☆お知らせ☆

母屋(アトリエを含む)の解体工事が3月から始まります。騒音や景観・店内席数減少など

皆様にはご迷惑をおかけすることがあると思われます。

かくれんぼは、平常通り営業いたします。

また、かくれ文字絵作家は店内で制作をしたり、

お客様への作品紹介をしたり、これまで同様

楽しい出会いを展開していきますので、よろしくお願いいたします。

 

 

その時季を迎えました。

毎年お世話になっているイチゴ農家

井上さんに、昨日ご挨拶に行ってきました。

かくれんぼの人気メニュー『イチゴムース』の

材料となる『紅ほっぺ』は、

今年も生育が順調で甘みも香りも楽しめます。

定休日に試作して(レシピを思い出して)

木曜日から、お客様にご提供を始めます。

毎日5~7食の限定販売となりますので、どうしても・・・というお客様は、ご予約をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

先週の木曜日から始まっている『早春ふわもこ展』。

たくさんのお客様に鑑賞していただいております。

「ちくちく、指にいっぱい刺しちゃったわ」

と懐かしがっていられる方も。

今年の干支「ねずみ」さんの作品どれもかわいいです。

 

 

 

お話の世界から出てきたような

あどけない瞳が並んでいます。

今にも話しかけてきそうです。

他にも、何とも言えない表情の作品と

語り合ってみて下さい。

 

作品展は、来週の月曜日までですので、お時間のある時にぜひご来店下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

かくれんぼ農園の『キヌザヤ』です。

暖冬のせいか、白い花がいくつも咲き始めました。

2月中に収穫できそうです。

かくれんぼセットや、生パスタに登場するかも??

 

 

 

筋肉は、裏切らない??

膝の痛みがあまり感じられなくなったので

この1週間で5回のウォーキングを敢行。

脛や腿に筋肉痛を感じるほどせっせと歩いてみた。

手がかじかんでしまうほど寒い朝もあったが

走れる日も近いのでは?と希望的自己診断。

少しずつ復活する筋肉が膝や腰を守ってくれそう。

 

 

 

 

「何もそんなに速く歩かなくても…」

人の目を気にする年でもないし・・・。

(都合のよい時ばかり「年」を使う)

菜種橋のほとりの『オカメザクラ』(たぶん)が

日一日と開花していく様を眺めるのもいい。

 

 

 

 

今朝は曇っていたけど、

富士山の上空に『くじら雲』のような

珍しい形と色味の雲も眺められた。

「『一期一会』の世界に出会えるのも

早朝ウォークの楽しみだよ」と誘っているのですが・・・。

人には人の『健康寿命を伸ばす方法』があるみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

小上がり付近に出現した『読書コーナー』。

先日、小さなお子様が折り紙づくりを楽しまれていました。

自分一人だけで机全面を使えますので

ゆっくり読書したいという方やお仕事をされる方など

遠慮なくご利用ください。

 

 

 

広げてある絵本は、

鈴木寿雄さんの『はいくのえほん』。

一茶や蕪村、芭蕉や虚子の俳句を鈴木さんなりのイメージで

描かれている絵は、何とも素朴で温かい感じ。

子ども向けというより、大人が楽しめる絵本かも?

読書コーナーで、自分だけの時間をお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

☆お知らせ☆

明日2/13より、♪a little smile♪ ユキ さんのかわいい作品が

店内で展示・販売されます。明日は午後在廊してくれます。

羊毛フェルトに興味のある方、制作秘話など、

作家さんとの出会いをお楽しみください。

(マスター手作りの『ちょこっと生チョコ』が数日間味わえるかも)

 

 

断捨離は人生の振り返り?

以前にもお知らせしましたように、3男ファミリーとの同居(新居建設)に向けて

3月になったら自宅の解体が始まります。

30数年住み慣れた我が家ですので、いざ片付けるとなると

部屋のあちこちから、押し入れの奥から、思い出多き品々が大量に出てきます。

 

「いつかは使うかも」「これは捨てられない」「孫が遊ぶかもしれない」

『断捨離』って、本気で始めると本当に難しいですね。

でも、タイムリミットが迫ってきているので、心を鬼にして・・・。

 

心と体が元気なうちに、『断捨離』ができてよかったのかもしれない。。。

 

 

 

そんな過程で私たちの前に出てきた二枚のパネル。

何十年も前の若い姿に、二人とも笑っちゃいました。

一枚は、私の大学時代の仲間たちとの集合写真。

昭和真っ只中。「神田川」の世界です。

どこに私がいるでしょう?

ぼかしが入っていませんが、40年前の友は許してくれるでしょう。

これは、ずっとそばに置いておきたい一物かな。

もう一枚、松田聖子風の?かくれ文字絵作家の画像は知的好奇心のある方のみ、店内でご覧ください。

 

 

 

 

1月末のオンエアされた、林先生の『今でしょ』講座。

コーヒー博士の石原先生によると『珈琲の栄養三大パワー』とは、

①血管強化・・・血管を老けさせないためのコーヒーは朝食前。血糖値の急激な上昇をカフェインが抑える。

②肝臓強化・・・コーヒーに含まれるクロロゲン酸は、レモンの約10倍の抗酸化作用があり、脂肪肝を防ぐ。

③骨強化・・・摂取量が多い人ほど、背骨や大腿骨頸部のカルシウム量が多いことが最新研究で明らかになりつつある。

そうです。

ほぼ毎日3倍ほどのコーヒーを飲んでいる者としては、とてもうれしい内容でした。

コーヒーを楽しみにご来店されるお客様にもお話しようと思います。

 

 

 

 

 

 

 


竹垣のわきで、毎年春を呼んできてくれる『水仙』。

今が見ごろです。

切り花として鑑賞したいというお客様、

スタッフまで声をおかけください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月イベントのお知らせ

オリンピック・パラリンピックの年2020年も1カ月が過ぎようとしています。

『お年玉ひもくじ』が、もうかなた昔に感じられるようになってきました。

(お正月の定番『田舎じるこ』は1週間の臨時休業のおかげ?で、まだご提供できます)

 

 

 

 

春の訪れが感じられるこの時季にかわいいフェルト作品と出会える

『早春 ふわもこ展』をご紹介いたします。

今や横浜や東京でも、その作品がお客様に喜ばれている

羊毛フェルト作家 ♪a little smile♪ ユキさんの展示販売会が

2/13(木)~2/24(月)までかくれんぼ店内で開催されます。

これまでも、何回か作品展やワークショップを開催していただいているので

ご存知のお客様が多いかと思います。

 

 

 

 

季節を感じさせてくれる作品や

手元において、毎日眺めたくなるような

作品の数々をぜひご覧ください。

作家ユキさんも何日は在廊していただけそうなので

(決まり次第、またお知らせします)

作家さんとの出会いもお楽しみください。

 

 

 

 

 

 

 

昭和レトロコーナーが様変わりしました。

正面にある木製の机は、

私が児童・生徒だった頃買ってもらい、

その後、息子が勉学にいそしみ??

最近まではアトリエで作家の制作机として活躍。

まさに昭和・平成・令和と生きぬいてきた机です。

(スチール製の本棚も同じ歴史をたどってきたかも)

 

よろしかったら、この机で読書などいかがでしょうか?もちろんコーヒーを飲みながら・・・。

 

 

他にも、昭和のにおいが香っているようなインテリアが

いくつか並べてあります。

昔話に花が咲くかもしれません。

使い方がわからないというお若い方、スタッフまでどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日から、営業再開いたします。

インフルエンザによる『臨時休業中』にご来店いただいたお客様

わざわざ足をお運びいただいのに、本当に申し訳ありませんでした。

おかげさまで、すっかりよくなりましたので、明日から通常営業に戻れます。

(本年2回目目のご挨拶みたいですが)、またよろしくお願いいたします。

 

 


 

 

 

 

 

お餅メニューも復活です。

今週1週間は、あまりお日様が登場しないようですので、温かい『田舎じるこ』などで体を温めて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

寝込む数日前にやった『苔の貼り付け作業』。(これが原因??)

実家への行き帰りの道で見つけた緑の群生。

『ホソウリゴケ』『ギンゴケ』などかなあ?

中庭に補修に使えそう・・・

 

苔の塊を草掻きでサッとすくっては、箕の中へ貯めこんでいく。

中庭に戻り、土が露出してしまっている部分や

枯れた『ゼニゴケ』が覆っている部分を削り取った部分に

サイズに合わせた『苔』を張り付けて、足裏で圧接。

『スギゴケ』が微かに生き残っている部分は大事にしたいので、モザイク模様(まだら模様)に

なってしまっている感はありますが、今後がどんなふうになっていくか楽しみです。

 

2月中旬には、母屋(アトリエ部分も)の建て替え工事が始まるため、『枯山水の庭』の様相が一部

変わってしまいますが、できるだ「心休まる庭園」状態を造っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

久々の『かくれんぼ農園』レポートです。

霜が降りる前に笹の傘をかけてやろう、なんて思いながら

暖冬だから要らないかなと、言い訳してそのまま。

それなのに、これまででいちばんいい状態で

『キヌザヤ』の成長が推移しています。

どうか、このまま順調に花を咲かせ、実を結んでほしいものです。

 

 

『菜の花』は、アブラナ科アブラナ属の花の総称である

ずいぶん後から知りました。

この花は、よく観る『アブラナ』の花ではなくて

『スティックセニョール』の花。

『生パスタ』や『かくれんぼセット』で見たよ、

というお客様がいらっしゃるかもしれません。

ちょっと前まで活躍してくれた『ピーマン』同様、量は減ってもかれこれ1カ月以上収穫させてもらっています。

 

 

 

 

 

北庭の『センリョウ』の鮮やかな赤や黄色の実の数が

少なくなってきました。

つい先日やってきたヒヨドリ君の口に赤い実が。

そして、美味しいごちそうの在りかを家族やお友達にも

教えてあげているみたいです。

彩りが寂しくなりますが、自然の営みは見守るしか…

 

 

 

 

 

元気になったかくれ文字絵作家が、店内各所(アトリエも)を大改装しています。

次号のブログで詳しくお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1週間 お休みさせていただきます。

「インフルエンザA型ですね。」

お医者様の非情な宣告。

こんな事態にならないように11月に予防接種を受けたのに。

「受けていらっしゃるから、軽く済んでいるんですよ。」

確かに咳こむことはあっても、高熱でうなるようなことはない。

 

 

でも、でも、仕事に戻るには熱が下がってから3日、

来週の月曜日までは自宅で静養してください、とのこと。

今日の夕方時点で、熱は36度台に

さがってはいるし、普通に食欲はあるけれど、

お医者様の言うことを素直に聞くことにします。

 

 

 

ということで、誠に申し訳ありませんが、1週間の臨時休業をとらせていただきます。

すっかり元気になって、1/23(木)また皆様とお会いしたいと思います。

皆様もお体には十分留意されて、毎日をお過ごしください。

 

 

鬼の霍乱??

大変申し訳ありませんが・・・

 

かくれ文字絵作家に続き、私もこの2日間咳や微熱に襲われ

おとなしくしていたのですが、今朝までその症状が続いております。

がんばれるかどうかと、朝、厨房に行き準備を始めたのですが、

無理して開店すれば、お客様に風邪をうつしてしまう危険性もあると思い、

本日1日静養させていただくことにしました。

 

 

 

『お餅があるうちに』と本日ご来店しようとしているお客様が

このブログを読んでいただけるのを願っています。

 

明日は、笑顔でお客様をお迎えできるようにいたします。

よろしくお願いいたします。

 

まだ間に合います。

令和2年の『新春お年玉ひもくじ』が始まって4日。

かくれんぼのお客様は、控えめな方が多いのか

前半、コーヒーキャンデーやラスクを引かれる方が続出。

「こんなところで今年の運を使ってはいけません」

とお慰みの言葉をかけると

「私、このキャンデー好きだから」「ラスク美味しいのよね」

逆に優しく気遣ってくださいます。

という経過のため今後のお客様はメニューくじが当たる確率大です。

たぶん、たぶんですが、1/13(月)までは、残っていると思います・・・。(お早めにどうぞ)

 

 

HORIGUCHI珈琲の『コーヒーバッグ』も

今年は賞品に入っています。

ご自宅で美味しくいただいてください。

販売再開も予定しております。

 

 

 

 

 

 

年末に届けていただきました。

デビュー10周年を記念して制作した『文字絵カップ』。

ご予約をいただいた8点の他に、

購入可能な新作5点も展示しています。

ご希望者の方は、かくれ文字絵作家に声をかけて下さい。

(多数の時は、抽選で決めさせていただきます)

 

 

 

 

 

昨年1年描き続けた『日記風 笑顔文字絵』。

「今年は、『しりとり』で笑顔を繋いでいきます。」

その日一番最初のお客様にご協力いただいて

しりとり言葉を提供していただきます。

かくれ文字絵作家がその日のうちに(その場で?)

その言葉で笑顔を描いて展示。

3月からは、(アトリエが使えなくなるので)展示場所が狭くなりますが、1年間続けるそうですので応援のほど、よろしくお願いします。

 

新しい年を琴の演奏で・・・

琴の演奏って雅な感じがするからでしょうか、

お正月の雰囲気にぴったりですね。

「かくれんぼ」では、小林様のご協力で『琴の演奏会』で

毎年『新春の喜び』を届けていただいております。

本日1/5(日)14:00ぐらいから演奏が始まります。

今回は、源氏物語や枕草子などから題材をとった曲や唄を解説入りで、1時間ほど聴かせて下さるそうです。

入場無料、途中入場退出自由、演奏後には琴に触れる(奏でる)のもOKですので、ぜひお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もやります。新春恒例の『100本ひもくじ』。

昨日のお客様もドキドキワクワクで・・・

半分のひもくじは、シフォンセットなどのメニューが。

あと20本はラスク、30本はコーヒーキャンデー。

 

ピザトーストを召し上がったお客様が『ピザトースト券』をゲットしたり、

「くじ運悪いんだよなあ」と引いた夕方のお客様が

特賞の『お米2㎏』を引き当て大喜びしたり。

 

『当たるも八卦当たらぬも八卦』。運試しをどうぞ楽しんで下さい。

 

 

 

 

 

 

 

こちらも1月ならではのメニュー。

『田舎じるこ』と『もちっこ3兄弟』

実家の石うすでついたお餅がなくなってしまうまでの

限定メニューですので、こちらもぜひ・・・。

 

新年のご挨拶

新年、あけましておめでとうございます。

昨年中はいろいろお世話になりました。

 

新年早々のご報告で申し訳ありませんが

息子ファミリーとの同居に向けて

3月より、母屋部分(アトリエを含む)の解体・新築工事が

始まります。

『かくれんぼ』店内は少し手狭になってしまいますが

また、騒音が気になる時期があるかと思いますが

初心忘れることなく日々努めてまいりたいと思いますので

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

実家での年末恒例の『餅つき』。

今回は12/28,12/30の2回に分けて実施されました。

竈は、100年選手。お湯を沸かす釜は、たぶん60年(以上?)選手。

修理しながら大事に使っているせいろは、それぞれ10年20年選手。

石臼・杵も100年選手かも?

代々受け継がれて今日にいたる・・・

実家からの要請がある限り

足腰が丈夫な限り続けていきたいです。

 

元旦の朝、今年も美味しい『お雑煮』が食べられました。